2017.08.04(金)

狼陛下の側近の花嫁 11

こんにちは。
10の日付見て驚きです。

都会(ふりーだむさん)で紹介してもらったから、もしかしたらこんな孤島ブログに新規のお客さんが来てるかもしれませんね。
コレ、季刊誌レベルのスピードで書いてるお話ですよォ。

あと3回位で終わるって過去3回位書いた気がしますが、あと3回位で終わると思います。
サクサク行きたいです(´-ω-`)。
饅頭も。


新規の方、もしいらっしゃったら注意を良く読んで下さい~~!!
↓↓↓
☆ご注意!!☆
※この作品は李順の謀シリーズの 《謀の後始末》ラストif話 です。
※現在まだ未完です。
※あるイミ李順×夕鈴です。


上記ご納得の上で『続きを読む』をぽちって下さい。


【二次創作SS】【臨時妃設定】【黎翔×夕鈴】【シリアスではない】【謀の後始末if話】







李順が早くに家に戻るのを快く思っていないらしい陛下は、李順が仕事をするなら…と素直に面倒な案件を黙々とこなした。
あの陛下が、文句も言わずあれ程難しい案件に取り組むとは・・・と少々驚く。


これも、夕鈴殿のおかげ…か?


李順は真顔で仕事をする黎翔を見ながら、ふとそんな風に思った。

政務は順調に進み、ずっと滞っていた少々難のある案件もついでに片付ける事が出来た。
と言っても、随分遅い時間になってしまったが。


帰宅が深夜になる、それはいつもの事。
李順が屋敷に戻ると、変わらぬ様子で使用人が出迎えた。

「お帰りなさいませ」
「ええ。
今日の夕花の様子はどうでしたか?
何か変わったことは・・・?」
「それが…」

ぱたぱたと足音が聞こえたかと思うと、ひょっこり夕鈴が姿を見せた。
「お帰りなさいませ」
まさかこんな時間まで自分を待っているなど思いもよらず、夕鈴の笑顔に面食らってしまった。
「……?
まだ、休んでいなかったのですか?」
「ええ、だって…旦那様のお帰りを待つのは、妻の仕事ですよ?」
そう言ってにこやかに微笑む夕鈴に、使用人達も楽しそうに頷く。


「・・・」

李順は少しの間、夕鈴と使用人達とのやり取りを黙って見つめていた。



「随分進みましたね」
寝室でお妃教本片手に、今日夕鈴がこなした課題に目を通していく。
今日一日で、思った以上に進んでいる。
…出来は…ともかくとして。

「李順さんを待ってる間にやれる所までは〜って思いまして」
「その努力は喜ばしいですが、貴女は今病弱な婚約者という設定ですよ?
夜は無理せず早めに休んで頂いて結構ですよ」
「はい、…そうですよね。
でも…。あの…」
か細い声でゴニョゴニョと、何か言いたげなのに言い出さない夕鈴を見かねて、李順は教本を卓に伏せると彼女の方へ向き直った。
「なんですか?夕鈴殿」
「え?…あの…私の母が、ですね。
父がどんなに帰りが遅くなってもずっと待ってる人だったんです。
父は家族の為に働いてくれてるのだからって。
体調がすぐれない時でもそれだけは譲れない事だったようで。」
一呼吸置いて、話を続ける。
「そんな母に憧れてるのもあるんですけど、もしも設定のような婚約者さんだったら…きっと…待つと思うんですよね。
もし体調が悪くなっていても。
だから、待ってた方がいいかな・・・と思いまして」


それに――
李順さんの帰ってくる時間で、陛下がどれだけ頑張ってるのかも・・・分かるから――


李順は夕鈴の話を聞き、顎に手を添え一瞬考えを巡らせた。
「なるほど、夫婦演技としては夜に夫の帰りを待つのも効果的、という事ですか」
「はい」
「それも…いいかも知れませんね。
ただ、余り無理はしないように。
契約期間中に倒れられても困りますし、
この後もすぐ臨時妃バイトに戻って頂かなくてはいけませんから。
慣れない環境で気付かぬうちに負担になっている事もあるかもしれませんから、十分気を付けて下さいよ?」
「それは大丈夫です!
私、そんなにヤワじゃないんで!」
得意げに両手を握り振り上げた夕鈴を見て、ため息が漏れる。

「はぁ。
まあ、貴女が心身ともに頑丈なのは知っていますが・・・過信はいけません」


頑丈ってのは言い過ぎなんじゃない!?
一言多いのよね、この姑上司~!


夕鈴がそんな事を思っていると。
「いいですね?」
「は、はい。分かりました!気を付けます!」
まるで夕鈴の考えている事が分かっているかのような李順の鋭い視線。

そんな上司に少し怯える夕鈴だった。


――――――――――――――――――――


【白陽国王宮 王の寝室】


浩大が部屋に入ると・・・直後に背後から声がした。


「待ちかねたぞ、浩大」


振り返るとそこには、美しく嗤う狼陛下の姿があった。


│posted at 07:34:54│ コメント 2件
≫コメント 
おはようございます!後3回で終わってしまうんですね。

仕事の為だけじゃなく陛下の事も考えている夕鈴可愛いです(o^^o)
陛下は何を考えているんでしょう。続きも楽しみにしています!
花愛│URL│posted at 2017-08-07(Mon)07:34│編集
花愛様

こんにちは^^コメントありがとうございます✨
私の言葉なんで信憑性皆無ですが、あと3回ですw
陛下は差し入れに目がくらんでしまいました(´-ω-`)
えぐち│URL│posted at 2017-08-07(Mon)09:57│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数