2015.12.24(木)

小犬陛下と饅頭屋 6-1

《幼馴染み》



「兄貴!!」
「例の男を見たって惣菜屋の親父さんがッ!!!」

仕事中に突然子分達が店に飛び込んで来た。
几鍔は子分達から話を聞き、急ぎ惣菜屋へと向かった。


「お、何だ几鍔じゃねえか。どうかしたのか?!そんなに慌てて…。」
惣菜屋の旦那は、何時もと違った様子の几鍔に何事かと驚いている。
「慌ててなんてねぇよッ……。
ところでおやっさん、この辺では見掛けねえ怪しい男がいたって本当かッ!?」

もしかしたら夕鈴の店にも行ったかもしれない。

「ああ、メガネかけてる長身の色男だろ?
見かけたんじゃなくて会って話したんだよ。
あんまり怪しい感じはしなかったんだがなぁ。」

……色男??

「いつ会った!?」
「ん?ああ、今朝早くだ。
店を開ける頃に居なくなってたがな。」

そんなに早い時間にウロウロしてたのか!?
夕鈴は店の客だと言っていたが開店する頃に居なくなるってのも怪しいな……。

「饅頭屋の手伝いをしてたから、恋人かと思って話してたんだ。そしたら夕鈴ちゃんに恋人じゃない!って否定されちまってなぁ。」
あっはっは、早とちりだったみたいだなぁと大声で旦那が笑った。
「朝から…店の手伝いィ??
その男は夕鈴一人の店ン中に……上がり込んでたってのかッ!?」

夕鈴には警戒心というモノはないのだろうか。

長身の…色男。
もしかして、夕鈴はその男に騙されそうになってるんじゃないのか!?


「……あンのバカがッ!!」

その几鍔の様子を、旦那は内心ニヤニヤしながら見ていた。
長年の噂通り、几鍔は夕鈴の事を想っているのだろうか。

「なんだ、夕鈴ちゃんはやっぱりおまえの嫁になるのか?」
「ん?そんなんじゃねえよ。何で急にそんな話になンだよ…!」
鬱陶しそうに話す几鍔。
素直にそうだと言わない所を見ると、どうも夕鈴の事を本気で心配しているだけ……にも見える。

なんだかんだと面倒見のいい几鍔が夕鈴を特に大事にしているのはこの下町では有名だ。
しかしそれは、夕鈴の恋愛事情に酷く影響してしまっている。

夕鈴は未だに付き合った男性も居らず、行き遅れになるやもと囁かれつつある。
惣菜屋の旦那は夕鈴が隣の店で1人で働いている姿を見る度、それがずっと気になって仕方なかった。
今朝、店の手伝いをする男を見て、とうとう夕鈴にも恋人が出来るのかと嬉しく思っていたのだ。

「……だったら少しほっといてやれや。
夕鈴ちゃんが行き遅れになりそうな原因の殆どはお前の存在にあるんだからな!
ここらの男共は、みんなお前の嫁になると考えてるから控えてるが、あの娘を好いてる奴は結構居るらしいじゃないか。
それはお前も知ってるんだろう?」


……。

知っている。

あんなお転婆女の何処が良いのか分からないが、くだらない男に良く好かれてしまう様だ。
その度に、牽制し遠ざけてやっていた。
夕鈴を本気で想うのなら、きっと自分に牽制されてもそれに構わず夕鈴に想いを告げるだろうと考えて。

しかし、未だにそんな男は…現れていない。


「……そんな理由でほっとけねぇよ。
あいつは……俺のシマの子供だからな!」

「はは!可愛くねぇなあ、お前。」
「うるせーッ!!」
「オイオイ年長者に対してうるせーはねぇだろ!」
几鍔は旦那にシバかれた。
「いてぇッ!…少しは手加減しろョ。」
「あっはっは!!」



兎に角、後で夕鈴に何も無かったか確認するとして、明日は見送った後に少し付近の見回りでもするかな。

几鍔はシバかれた頭をさすりながら、今後の対策を考えた。

│posted at 15:38:02│ コメント 0件
2015.12.24(木)

小犬陛下と饅頭屋 6-2

《後宮の花》


「もう……違うったらッッ!」

苛立ちを露わにした女性の声の後、何か物を叩いた様な音が廊下まで響く。

「も…申し訳ありませんっ!」

狼陛下の後宮に住まう唯一の寵妃の部屋に、床に頭を押し付け許しを請う女官の姿があった。
「あなたはもういいからお下がりなさい!
誰か、もう少しゆったりと……美しく見えるように結い上げて頂戴ッ!!!」

「はい、只今…。」

直ぐに別の女官が妃の背後に回り、戸惑いながら結った髪を解き、櫛を通し始める。

「誠に……申し訳御座いません…。」
床に手を付いたまま座り込んでいた女官は他の女官に促され、もう一度頭を下げた後静かに退室していった。

その後、部屋には『もっと美しく…!』という妃の要望に応えるべく、次々と新たな宝飾品が運ばれ、衣装もより華やかな物が用意されていく。



飾り職人との謁見以降、臨時妃はより見た目を良くしようと躍起になっていた。

宝飾品を選んでいる時に見た、陛下のあの麗しい微笑み。
あの時。
陛下が演技でなく心から微笑んで下さったと思い、苦しくなる程に胸が高鳴った。


もしかしたら、自分に振り向いてくれるかも知れないと考えて……。


しかし、それ以降、夫婦演技に特に変化は無かった。
夜、妃の部屋を訪れても、側に近寄る事すら憚られる程の険しい顔で書物を読んだり仕事をしたりするだけ。
……今迄と全く変わりが無い。


今日、眼鏡を掛けた側近から契約終了時の注意事項などの話があった。
焦りに焦った臨時妃は、着飾り様が足りないのかもしれないとの考えに辿り着き、今に至る。


もっともっと美しく着飾って、もう一度あの時の様に微笑んで……見つめて貰うのよ!!


「……コレより豪華に見える物はないの?」
「申し訳御座いません……只今…探して参りますので……。」
青ざめた女官達が慌ただしく部屋を行き来するのを横目に見ながら、臨時妃は挿していた柔らかな色合いの花簪を抜き取り、ギュッと握り締めた。

こんな可愛らしい物ではダメだわ……。


もっと豪奢に妃らしくしなくては!

どんな貴族の女よりも艶やかに……!!



陛下の目に留まる為に……!!!



そして夜。


「お妃様、陛下のお渡りで御座います。」
「!!」

ススッと女官の1人が姿見を持って妃の前へ出て、もう1人が失礼しますと言いながら化粧を仕上げていく。
最後に女官達は着飾った妃の衣装を綺麗に整え直した。
自分達でも納得の出来栄えだと思う。
昼間、大層機嫌の悪かった妃も満足気な様子で、女官達は密かに安堵していた。

それが終わると同時に、部屋に狼陛下が入って来た。
女官達は部屋の隅に下がり、深い礼をとる。

「妃よ……。」

陛下!!!

臨時妃がゆったりと振り返ると、狼陛下が息を呑み僅かに驚いた表情になった。

「……これはずいぶんと……艶やかな……。」
暫し固まった後、満面の笑みを見せた陛下。

それを見て臨時妃も女官も、心の中で『よしッ!!』と叫んだ。
笑顔で妃に歩み寄る陛下に、女官達はしずしずと下がっていった。

「……今日は一段と華やかだな。」
「は……いっ!
何としても……本物のお妃様に近付ける様にと思いまして…!」

それを聞き、陛下はクスクスと笑い出した。

「ああ、そうか。なるほど。
まさに……その姿は本物の妃だな。」


その言葉に、臨時妃の期待は高まる。

こんなに楽しそうに笑う陛下を、今まで見たことがなかったのだから当然のことだった。



│posted at 15:39:38│ コメント 0件
2015.12.24(木)

小犬陛下と饅頭屋 6-3


「では・・・期限が来るまでは、きっちりと努めよ。」

陛下の声は、徐々に低くなっていく。
「……本物に見える…臨時妃として、な。」

「あ……?
は…い、臨時妃として…。」
色々と期待していただけに、その言葉にあからさまにがっかりする臨時妃……。

「仕事があるのでもう少ししたら戻る。
暫くはここで仕事をするので……邪魔をするな。」
表情は柔らかだが、口調は厳しい。
恐ろしいと噂の冷酷非情の狼陛下。
何故かは分からないが、その人が苛立っているように見える……。

「はい……畏まりました……。」
陛下の様子に怯えた臨時妃は、すごすごと寝室へと引っ込んだ。




【白陽国王宮 執務室】


「如何しましたか?そんなにニヤニヤと……。
……まさか臨時妃と何か?!」
その途端、それは嫌そうな顔になる黎翔。
「絶対にそれはない。」

「今日の臨時妃の姿が凄くてな。
……久々に後宮の本来の姿を見たよ。
益々鬱陶しさに拍車がかかったな。」

着飾った臨時妃の姿は、まさに……本物の妃。
記憶の片隅にある本物の毒花の姿だった。

「ああ、今日は殊の外艶やかにしておりましたね。
まぁ、あの位が丁度良いのではありませんか?」
御寵妃様らしくて、と言いながら李順は書類の束を黎翔の前にドサッと置いた。
より険しくなる表情。
「……全く……下らんな。」
そう言いながら書類を手に取った。
そのままの表情で黎翔は仕事を続けていたが、暫くするとふと笑顔に戻る。
李順はそんな黎翔を不思議に思いながら見ていた。



豪奢に着飾った臨時妃。

倹約を信条とする夕鈴とは真逆の姿だ。

今日夕鈴が受け取りを拒否した簪と似た様な物が、幾つも髪に飾られていたが、夕鈴が見たらどんな御説教をするだろうか。

『こんなに何本も……無駄です!!』
『え?この衣装は一枚で十分ですよね!?』

驚きつつもビシバシと駄目出しする夕鈴の台詞が容易に想像出来て、思わず笑いが込み上げてくる。




夕鈴はやっぱり面白い妃になるんだろうな……。

……次はデートの約束が待っている。
その時間の為なら、仕事も軽く頑張れそうだ。


次に会う約束をしただけでこんなにやる気が出るなんて思わなかった。
ミスをした官吏達にも何故か優しく対応出来たし、そのおかげで官吏達にもやる気が出て随分と仕事が進んだ。


夕鈴が臨時妃になって、直ぐに会えるようになったら……もっと仕事が捗るのだろうか……。


│posted at 15:49:30│ コメント 0件
2016.01.02(土)

小犬陛下と饅頭屋 6‐4

≪李翔にとっては下町デート≫


「夕鈴!!」

聞き覚えのある声・・・。

饅頭屋の店前を掃除していた夕鈴は、顔を上げ声のした方へ振り向いた。
向こうから背の高い男が駆けてくるのが見える。



今日は饅頭屋の定休日。
明玉の店のバイトも休みの為、昼前から饅頭屋のお客さんである李翔と出掛ける事になっている。

どうやら金持ちのボンボンらしく、浮世離れした金銭感覚を持つ李翔。
優しくて顔も良い好青年だが、どうも実家の金銭状況が宜しくないにも関わらず、とんでもない買い物をしてしまう様だ。
そんな李翔にお願いをされ、夕鈴は一緒に湯呑みを買いに行く事になっていた。


「李翔さん!?」
嬉しそうに駆け寄ってくる李翔に、夕鈴は驚きつつも笑顔になった。

「李翔さん、こんにちは!……でも、まだ待ち合わせの時間じゃないですよね??」
「うん、今日は早めに仕事を切り上げる事が出来たから、買い物に行く前に何か手伝えたらと思ってね。
休みの日の朝はココの掃除をしに来てるって隣の店の旦那さんが前に話してたから……。」
「そうだったんですか!」


李翔さん……。

仕事……してたのね!!
何だか安心したわぁ〜。


そんな事を考えている夕鈴に、李翔は優しく微笑み返した。
「それに……君に早く会いたかったしね。」
「……へっ!?」
見れば李翔は妖艶な笑みを浮かべ、夕鈴をじっと見つめている。

突然の言葉に、夕鈴は顔が熱くなってくるのを感じた。


『……絶対に本気にするなよ。』


先日几鍔に言われた言葉が、ぼんやりと夕鈴の頭の中に響いた。




李翔が饅頭屋の手伝いをしてくれたあの日。

李翔は色々な力仕事を手伝いながら、きっちりと二人で買い物に出掛ける日時を決め、開店と同時に満面の笑みで帰って行った。
そして、しばらくすると今度は几鍔がやって来たのだ。

几鍔は夕鈴の無用心な行動を指摘したり、接客態度にも細かな注意を払うように意見した。
しかし。
いつもの喧嘩腰で一方的に話す几鍔に、夕鈴が素直に従うわけも無く……。

開店中に派手に口喧嘩をして、ご近所さんのいい見世物になってしまった。

「……とにかく、お前は騙されやすそうだから気を付けろよな!!
そんな男前がお前の事を本気にするハズねぇんだから。」
「失礼ねっ!!…そもそも本気とかそんなモンじゃないわよ!!」
「そうか、なら……。」

急に真剣な表情になった几鍔。
思わず夕鈴も黙って几鍔の言葉を待った。

「例え何言われても。……絶対に本気にするなよ。
ソイツはきっと遊び歩いて手馴れてるんだから、甘い言葉でころっと騙されてホイホイついてったりするんじゃねぇぞ!!」

甘い言葉で…ホイホイ…?

「わ、分かってるわよ!!
絶対……騙されたりなんてしないから、お客さんを悪く言うのはやめてよね!!」

夕鈴はそう啖呵を切った手前、もうすでに一緒に出掛ける約束をしていると几鍔に言い出せなかった。


絶対……大丈夫だもの。
私は甘い言葉で騙されたりなんて……。


「……りん、……夕鈴?」
「……あ…。」
李翔の声で我に返った夕鈴。
気が付けば李翔に片腕を取られ、そっと引き寄せられていた。

「急に黙り込んで…どうしたの?」
心配そうにのぞき来む李翔。

随分と顔が近い。
もっと言えば身体も近い。

慌てて李翔の手から離れ、いたたまれず顔を背けた。

これが手馴れてる人の距離感…!?
……気を引き締めないと!

「……夕鈴?」
「じゃ、じゃあせっかくなので、ちょっと早いですが、買い物行きますか!?」
耳まで赤くなっている夕鈴のドギマギした様子に、李翔はホッと安堵のため息をついた。


臨時妃とのやり取りが影響したのか、つい甘い言葉で夕鈴を動揺させてしまった。
嫌われたかと思ったが、どうやら恥ずかしがっているだけのようだ。
それにしても。
随分と初心で恥ずかしがり屋なんだな…。
そんな所がまた可愛いけれど。


そんな事を考えながら。
李翔は紅い眼を細めてゆっくりと頷いた。


│posted at 07:39:42│ コメント 0件
2016.01.08(金)

小犬陛下と饅頭屋 6-5

せっかくだから……と夕鈴からの提案で、少し遠出をする事にした二人。

ちょうど期間中という事で、半年に一度開催しているという焼き物市にやって来た。
広場に臨時で建てられた幾つものテントが、ひしめき合う様に並んでいる。
訪れる人も多く、売り子や交渉をするやり取りなどの声があちらこちらで聞こえ随分と賑わっていた。

「わぁ、凄いね!」
「半年に一度、こうして色々な焼き物を扱う店が、都外からもやって来るんです。
長持ちする良い品を買うなら、ここが一番ですよ!」

丁寧に説明してくれる夕鈴。
その明るい口調につられて李翔の心も更に浮き立つ。


ああ、またそんなに無邪気に笑って…。


……あまり…明るい笑顔を振りまく夕鈴を人目に触れさせたくない……

そんな気持ちを抑えてふと焼き物市の端に目をやれば、端に並んでいるテントの至る所で煙が出ていた。

「あれ?夕鈴、あっちは…食べ物の屋台?」
「ええ、コレを目当てに大勢の人が集まりますから、色々な屋台がたくさん出てるんですよ!」
「ちょっとしたお祭りだね。せっかくだから、あっちも見て回ろう?ね??」
「はい!良いですよ!
お昼ご飯がわりに色々食べてみましょうか。」
「うん、そうしようよ!」
まるで小犬のようにはしゃぐ李翔を見て、夕鈴は思わず笑った。

黙って立っているだけでドキッとするほどカッコいいのに、こうやって喜んでる姿は可愛いのよね〜。

暫く二人で楽しく品揃えや面白い値引き交渉する客などを見て回った。

とある店の前で、李翔は繊細な絵が施してある美しい磁器を見つけた。
品質も中々良さそうだ。

「ねぇ夕鈴。あんな感じのはどうかな?」
「わぁ……素敵ですけど、あれはかなり高価そうですよ。
そもそも品が良すぎですし…。
出来ればお店で気軽に使える感じのがいいんですけど。」
「なるほど。気軽に使えるもの、ね。」

李翔は少し考えた後、辺りを見渡した。
奥の方に、若い女の子からどこかの奥様のような婦人までが楽しそうに買い物をしている屋台が見える。
「夕鈴、じゃああっちの店に行ってみよう?」

そこは犬や猫、兎などの置物も置いてある、可愛らしい品揃えの店だった。
茶碗や皿も単色の絵が少し描かれているだけの物が多いが、それがまたシンプルで使いやすそうだ。
描かれている絵も動物の模様だったりと、店主の趣向が窺える。

李翔はその中で兎の模様が描かれた湯呑を見つけた。
「これなんてどうかな?」
「うわぁ〜可愛い♫
それに使いやすそうですし、これ良いですよ!!」
「うん、それに他の焼き物より少し厚みがあって丈夫そうだね。」
「値段は……と。」
夕鈴は値段が小さく書かれた札を確認する。
「ん!」
「どう?値段も良いの?」
「ええ、この大きさの焼き物ではそこそこの値段です!」

良い品を見つけて喜ぶ夕鈴に、李翔の表情も綻ぶ。

「じゃあコレにしよう。」
そう言った後、李翔は先客と話していたその店の女主人に声を掛けた。
お代を払おうと懐に手を入れた李翔を、慌てて夕鈴が腕を掴み引き止めた。
「待って下さい、李翔さん!」
「ん?」
不思議そうに振り向いた李翔の肩ををグイッと引っ張り無理矢理屈んでもらうと、夕鈴は顔を近付けそっと小声で囁いた。

「……まだお財布は出さないで!」


突然の事に李翔の眼が丸くなる…。

ちょっと甘い言葉を掛けただけでもかなり恥ずかしそうにしていた夕鈴が、耳に唇が触れるほど顔を近付けてくるとは思ってもみなかった。

今までにも魅惑的と言われるような女性達に同じように近付き囁かれた経験は…ある。
いつも、どこか冷めた気持ちでそれを甘んじて受け入れて来た。

だが。
夕鈴の囁き声は優しく心をくすぐる……。

冷めたような感覚はない。
むしろ心地が良い。
ずっと近付いててくれても良い気がする。

李翔は夕鈴の行動に戸惑いつつも、無意識に耳に手を当て先程の愛らしい声と気配を記憶に刻んだ。


そんな李翔の事はそっちのけ状態の、値段交渉で頭が一杯になっている夕鈴。

「じゃあ、ちょっと見てて下さいね!」
夕鈴はそっと李翔から離れ、満面の笑みでそう告げた。

先客とのやり取りが終わった店主が二人の前にやって来た。
「はい、お待たせしました!お客さん、どれをお買い上げで?」
「コレが気になってるんですけど~~…。」


そして……夕鈴と店主との熱い値段交渉(たたかい)が始まった。

│posted at 07:57:48│ コメント 10件
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数