2016.01.15(金)

陛下、散策を楽しまれる。

【二次創作SS】【黎翔×夕鈴】【臨時妃期】

ーーーーーーーー

「陛下!」

振り向きながら見せるその優しげな微笑みに、何度暖かく幸福な気持ちになっただろうか。

「なぁに?夕鈴。」

自分でも驚くほど甘い声。思わず自笑してしまう。

「ここです!この樹の中程に、ほら!」
若葉が茂る大きな樹の前まで駆け寄って、上を指差した。
「前にお話しした小鳥の巣が…。」
瞳は何時もより明るく輝いて、ほんのりと頬が桃色に色付いている。
「あそこです。見えました?」
嬉し気に目を細めて鳥の巣がある枝を見つめつつ、散策の目的である巣の場所を僕に教えてくれる。

ーーああ、どんな仕草も愛らしい。

「もう雛が孵ったみたいですよ。
わあぁ、可愛い声が聞こえーっぇえ?っきゃあっ!?」
無意識のうちに…はしゃぐ夕鈴の肩に手を伸ばしていた。
ついでに、そのまま後ろからそっと抱き締めてみる。
「うん、可愛いね。でも夕鈴の声の方が可愛いと思うけど?」
「なぁっ…!」
耳元で囁くと、首筋まで赤くなった夕鈴がわなわなと身体を震わせている。
柔らかな抱き心地と恥ずかしがるその様を思う存分楽しみたい所だが、やり過ぎると後が大変だ。
すぐに手を離し話題を変えてみた。
「ああ、親鳥が餌を持って来たみたいだ。」
「えっ!どこですか?」
ほら、来たよ。鳥のいる方向を教えてあげながらそっと夕鈴の顔を覗き見ると、もう楽し気な表情に戻っていた。
親鳥から餌を貰う為、ちらちらと雛の顔が覗く。
その度に、あの子は凄く食いしん坊ですね、あの子は身体が少し小さいのかな何だか心配です、あれ?4匹かと思いましたが奥にもう1匹いるみたいですね、と僕に次々と話しかけてくる。

ーーそんな君が愛しくて堪らない。

「ああ、本当、可愛いね…。見ているだけでも癒されるよ。」
「そうでしょう?陛下に楽しんで貰えて嬉しいです!」
気合いを入れる様に胸前でグッと拳を握り締めながら、満面の笑みを見せる。大満足の様だ。

ーー夕鈴と僕で、思い浮かべているモノは違うんだけど。

「うん、とても気に入ったよ。ありがとう夕鈴。」
柔らかな陽射しを受け、きらきらと輝く金茶色の髪を一房掬い、そっと唇を寄せた。
瞬時に頬が紅く染まり、夕鈴の身体がビシッと音が鳴りそうな程に強張る。
しかし、遠巻きに此方を伺う侍女達に気が付き、逃げ出すのは止めた様だ。
「そぉ!それ、は!っ宜しゅう…」
「ござい…ました…。」が、真っ赤になった顔を隠している扇子越しに、ボソボソと聞こえた。
その様子に思わず笑うと、夕鈴はちょっと拗ねた様な顔をして…、でもまた直ぐに笑顔になる。
「さぁ、そろそろ親鳥がまた帰ってくるんじゃないかな?」

暫く2人で笑い合いながら小鳥達を眺めた。


今日も君の側で、君の笑顔を見られた事に、喜びを感じながら。



ーードス黒いオーラを纏った李順が呪詛の様に小言を呟きつつ休憩の終わりを告げに来るまでーー
│posted at 19:47:32│ コメント 0件
2016.01.26(火)

不意打ち

白友さんのリクエストから。


【本物妃設定】【チュー若干背後注意】

------------------


その日の夜。

陛下は後宮に戻って来るなり、いつものように夕鈴を抱きしめ甘い言葉を囁くと、夕鈴がそれに答える前にその愛らしい唇に優しく口付けた。


本物の妃となって数週間。


未だに陛下は夕鈴の気持ちを優先して手を出していない。

夜、二人だけで過ごせる穏やかなひと時。
陛下はそれだけで幸せだと言い、後宮にいる間は夕鈴の側を離れない。

今日は後宮へ戻るのが遅くなり、手早く湯浴みを済ませて来た陛下。
夕鈴の部屋の長椅子に座り、明日の政務に必要になるからと難しい書物を読んでいた。
そんな陛下に夕鈴は温かいお茶を淹れ、濡れた髪を優しく布で拭う。

「最近仕事が溜まっていてね。
今日は先に寝ててもいいよ?」

お妃教育で疲れてるだろうからと夕鈴を気遣う陛下に、夕鈴は自然と笑みがこぼれた。

もう…。
自分はもっと大変な癖に……。


優しい陛下に何かしてあげたくて、髪を拭いた後、肩を揉む事にした。

「夕鈴、ありがとう。
でも手が疲れたらすぐにやめてもいいからね?」
そう言いながら、気持ち良さそうに肩揉みを受けている陛下を見て、夕鈴も嬉しくなった。

「大丈夫ですよ!
他に何かして欲しい事があれば遠慮なく言って下さいね!」
「して欲しい事?そうだなぁ〜…。」
陛下はそう言うと、振り向いて夕鈴の頬をするりと撫でた。
「偶には……愛しい妃から口説いて貰いたいものだが……。」
妖艶に微笑む狼陛下にたじろいでしまう……。
きっと顔も既に真っ赤だろう。

陛下を私が口説く!?
何て言えばいいの……??

「ええ!?それは……あの……!!」
夕鈴の焦りようを見て、陛下はすぐに満足気に微笑んだ。
「ふふっ!夕鈴は本当に可愛いね。
……君が僕の為にって思ってくれるその気持ちだけで僕は癒されてるんだよ。
ありがとう、夕鈴。」

陛下の言葉はとても嬉しいが、夕鈴は少し納得が行かなかった。
「……もう!またからかったんですか!?」
「いやいや……からかうなんて心外だな。
君に口説かれてみたいと思ってるのは本当だよ。」
「うう……。」
恥ずかしさのあまり下を向いてしまう。
その様子を横眼で見ながら、陛下はクスクスと笑った。
そして、早く本を読んで夕鈴とゆっくり休もうと考えた陛下は、御機嫌でまた本を読み始めた。



……。

そうだ。

いつも私は受け身で。

私は……自分からは恥ずかしくてほとんど気持ちを言葉にしていない。

陛下はいつもわかりやすい様に伝えてくれるのに……。


取り敢えず今出来る事を……と、また肩揉みを再開する。


陛下、随分と身体が凝ってるわ。
やっぱり忙しいのね。


疲れが少しでも取れてくれればと思いながら、気持ちを込めて、ゆっくりと首筋から揉み解してゆく。

肩を揉む夕鈴の目の前には……。


陛下の艶のある黒髪。
後ろから見える美丈夫な横顔。


『愛しい妃から口説いて貰いたい』

徐々に先程の陛下の言葉が頭の中を駆け巡り始める。


いつも受け身だから、この際頑張ってみようかな……。
でも口説くって……どうやったらいいのかしら?

あ、そうだわ。
いつも陛下がしてる事を真似たらいいのよね??


陛下が良くしているのは。
スマートな言葉と甘い口付け……。


お仕事の邪魔にならない程度なら……いいのかな。
ここからは普通に口付けようとしても届かないし……恥ずかしいし。

……違う場所でも大丈夫よね?


ああ、考えただけでドキドキしてくる!!
でも……。
陛下が喜んでくれるのなら……。



そう思って。

意を決し。



夕鈴は陛下の首筋に顔を近付け、うなじにチュッ……と口付けた。
ビクッと陛下の身体が揺れる……。
しかし、緊張し過ぎてその事に気が付かない夕鈴は、そのままの勢いで陛下の頬にもそっと口付けた。


「陛下……大好きですよ。」


耳元で囁かれる甘い言葉。


陛下は……、

想定外の事に思わず顔が紅くなった。



不意打ち
│posted at 01:44:07│ コメント 2件
2016.01.26(火)

不意打ち オマケ



夕鈴は陛下の首筋に顔を近付け、うなじにチュッ……と口付けた。
ビクッと陛下の身体が揺れる……。
しかし、緊張し過ぎてその事に気が付かない夕鈴は、そのままの勢いで陛下の頬にもそっと口付けた。


「陛下……大好きですよ。」





その瞬間、パサリと音がした。

「あ、陛下!本が…。」

瞬間、振り向いた陛下に後頭部を押さえられ、強引に口付けられた。

陛下の紅い瞳が僅かに揺れている。

「んん……あっ!へ……」

陛下と言おうとしたが、その前に舌を絡め取られ言葉にならなかった。


……コレはなに??


至る所を舐め上げられ、意識が霞んでくるような感覚に、夕鈴は動揺するしかなかった。

「ふ…っ……うん……。」

唾液が絡み合い、意味ありげな水音が響く。
それに呼応するような陛下の少し荒い息遣いに、何故か胸が熱くなってくる。



これも口付け……なの??

こんなに激しいモノなの……?


身体に……もう力が入ら…。


「はぁ…ん。」

やがて。
離れる唇。


気が付けば夕鈴は陛下の腕の中だった。


あれ……何で?


「夕鈴。」

「は……い……。」


「そろそろ……無自覚に煽るのはやめてね。」
「?」
「でないと……もう……食べてしまうよ……?」

その言葉に、夕鈴はわなわなと震え出した。

「な……!?
陛下が……口説いて欲しいって……言ったから……!!」

「夕鈴、あれは“口説く”って言わないよ。」

「え?」


「あれはね。
……“誘う”って言うんだよ。」


そう言いながらニヤリと笑う陛下は、まさに『狼』そのもの……。



そして、また。

熱くて甘い……口付けが始まる。


│posted at 01:45:23│ コメント 0件

好き

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
│posted at 16:44:43│
2016.05.22(日)

ご夫婦の日だから?

こんばんわ。
今日はご夫婦の日だそうですね✨

しかし、最近まったくお話を書いてない・・・(´ー`)。
・・・というワケで。
白友さんに送っていたBDリクを希望者様のみに変更した為不要になった、主に読専さん用のお誕生日SSを持って来ました。
なのでもう既に読んでる方がいると思いますが、良かったらもう一度ご覧くださいw。


本物ご夫婦の初めてのお誕生日ってことで。(´・ω・`)
続きを読む≫
│posted at 23:53:34│ コメント 4件
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数