2015.11.12(木)

李順の謀

【臨時妃】【黎翔×夕鈴】


「失礼致します。李順様、…よろしいでしょうか。」

扉の向こうで若い女官の声がする。

黎翔は手にしていた書簡から眼を離し、扉の方に顔を向けた。
この部屋の主である李順は、先ほど黎翔に請われ必要な資料を取りに出た所だ。
直ぐに戻るだろう…と声を掛けようかと思ったが、女官が李順を訪ねてくるというのがふと気になって、自らそっと扉を開いた。

伏目がちに静々と入って来た女官は、顔を上げて眼の前に黎翔が居たことに驚く。
「こ、これは陛下…。」
女官として直ぐに礼をとるが、少したじろいだその様子に違和感を感じた。

ーー何か、自分が居ては不味い事でもあるのか?

「李順に用か。ならば私が伝えておこう、どんな用事だ?」
少し間を置いて女官が答える。

「ーいいえ、陛下。
急ぎの用では御座いませぬ故、また後で参ります。」

それを聞いた黎翔は、礼をとったまま後ろへ下がろうとした女官の腕を、引き戻す様に掴み上げた。

「へ…陛下!?」

「まぁ待て。」

冷たい狼陛下の声。

びくりと身体を震わせたのが、掴んでいる腕から伝わる。
一瞬だが、女官の眼が宙を彷徨った。
黎翔の中で疑問が確信へと変わっていく。
細腕を掴む掌の力を強める。

ーー私に隠し事とは…。

「何だ、私に言えぬ用事か?」

「いえ…その…、必ず…李順様に…と…言われて…。」
徐々に女官の顔が歪んで行き、今にも泣き出さんばかりだ。

それでも。

追い討ちの様に、冷酷な狼が牙を剥いて見せる。

「…言え。」



女官は、

耐え切れず、震える声で…。



「お…お妃様…が、……」

│posted at 14:32:26│ コメント 0件
2015.11.12(木)

李順の謀 2

李順は急いでいた。

ーー自分が部屋を空ける予定はなかったのに…。

予定ではまだ陛下は、宰相殿と会談中の筈だった。

まさかあんなに早く会談が終わるなんて。
その報告に、陛下自ら普段訪れもしない自室に来るなんて。
更に、急ぎの用事を頼まれるなんて。
陛下が『その間この部屋で待つ』と自室に居座るなんてっ!←(移動メンドくさいとか何とか)

想定外の事が続いている。

黎翔は謀の匂いに対してまで狼並みの嗅覚を持っているのか、隠し事が本当に難しい。

ーー自分が戻るまで部屋に誰も来ない様にと従者に言付けを頼んだが…。
入れ違いになってもいけない。

自室前にようやく辿り着いたその時。

バンッ!

勢い良く扉が開き、中から黎翔が飛び出して来た。

「陛下?!」
ゆっくりと振り向いた黎翔は、李順の姿を鋭く睨めつける。
まるで飢えた若い狼の様だ。

「李順…、お前…。」

ふと部屋の中を見遣ると、涙を浮かべ怯えた表情の女官がへなへなと床に崩れ落ちるのが見えた。
黎翔は一体どんな恐ろしい姿を見せたのだろうか。

ーー全て…知られてしまった様ですね。

李順は動揺を隠し、真っ直ぐに黎翔を見つめた。
「陛下、どちらへ行かれるのですか?
まだ…政務室の方に仕事が残っているでしょう?」

その言葉に、黎翔の眉が僅かに動く。
少しずつ辺りを冷気が漂う。

「…急ぎの仕事はもう終わったはずだが。」
「陛下!」
「何故隠していたのか、まぁ理解は出来るが…。」

紅い眼が燃えるように揺らぐ。

「もう、我慢の限界だッ!」

怒気にも似た恐ろしい程の威圧感を醸し出しながら狼陛下が走り出す。


「陛下っ!
お妃様のお考えでも御座います故、どうかお戻りをっ!!」

駆け出した黎翔を引き留めようと声を張り上げたが、あっという間に姿が見えなくなった。






「……。」



ーーまだ政務が残っていたのに…。
こうなるからこそ黙っていたのに。



ここの所、黎翔は激務続きだった。
1週間程夕鈴に会えてもいない。

そんな黎翔の為に用意したご褒美が、
『夕鈴の手作りの菓子でゆっくり午後の休憩』

その準備が出来たという報せを仕事が終わるまで隠そうとしたのだが…。

たったそれだけの事であの形相。


ーーやはり、どうかしてしまったんでしょうかね。


無意識に胃の辺りに手を当てながら、李順は深い深い溜息をついた。
│posted at 14:34:29│ コメント 0件
2016.01.15(金)

李順の謀 (オマケ)

「大丈夫でしたか?」

力なく座り込んだままの女官に声を掛けた。

ーー彼女も伝言を伝えに来ただけで、とんだ災難に遭ってしまったものだ。

「は、はい…。」
遠くを見つめていた女官の眼が、ゆっくりと李順に向く。

「立てますか?」

普段陛下の側近として厳しい顔で仕事を裁く李順が、優しく声を掛けながら手を差し伸べている。

その様子に女官はかなり驚いたが、そのお陰か先程の恐怖から解放され、何とか動けそうだ。
少し迷った後、折角なので李順の手を借りる事にした。
「ありがとうございますーーあ、あら?」
李順の手を取り立ち上がろうとした…が、膝に力が入らずまた床に座り込んでしまう。
「膝が…力が入らなくて…。」

「…あの狼陛下ですからね。
あの方に詰め寄られれば、まあそうなるでしょうね。」
李順は何度目かの深い溜息をついた。
「ー…直ぐに立退きますので。」
女官としても、ずっと男の部屋にいる訳にいかないのだろう。
彼女の表情に焦りが見え始める。

「この後の仕事は?」
「え…?あ、ええと、陛下がお妃さまの元へ行かれましたので、…私は1度王宮の方の詰所に戻り女官長様に報告をする予定でございました。
その後は女官長様の指示に従う事になっております。」

「そうですか。では詰所に向えば良いのですね?」
「え?」

李順は女官の側に膝をつくと、優雅な所作で彼女を抱え上げた。

「お嫌なら近くで降ろして差し上げますので、我慢せず言って下さい。」

至近距離に李順の端正な顔がある。
女官は小さく頷く事しか出来なかった。



その後、女官を抱えたまま王宮女官の詰所に連れて行った李順は、普段あまり見せない優しさが大受けし女官達の間で人気急上昇。

縁談がめっちゃ増えた。

│posted at 19:53:40│ コメント 0件
2016.01.15(金)

陛下、ご褒美を楽しまれる。 1

【二次創作SS】【黎翔×夕鈴】【臨時妃期】【オリキャラ注意】





遠くからでも彼女が其処にいるのが判る。

早く会いたい。
一週間の間、良く我慢出来たものだ。

近付くにつれて、侍女達との話し声も聞こえてくる。
心地よい明るい声。

早く…。
その声を、その顔を、その瞳を。

ーー僕に向けて欲しい。



「夕鈴っ!」

「わぁっ!へ、陛下!?」

背後から声を掛けると夕鈴は大層驚いたらしく、眼を丸くしながら此方を振り返る。

「先ほど侍女が王宮の方にお知らせしに行って戻ったばかりですよ?
お仕事はもう大丈夫なんですか?」
「ああ。…心配ない、我が妃よ。」
花が咲くような彼女の笑顔。
久々に見る夕鈴の姿に、『狼陛下』が今にも崩れそうだ。

足早に側まで行き、おもむろに夕鈴の手を取る。
その手を引いて抱き寄せると、何時ものように恥ずかし気に袖口で顔を隠した。
「ああ、君に触れるのは本当に久しぶりだ。
離れている時が何年にも思えて、耐え難いものだった。
…我が妃にも寂しい思いをさせたな?」

「はっ!?あ、ささ…寂しゅうございました。」
動揺する夕鈴を見るのも久しぶりだ。

「妃と2人で過ごす故、皆下がれ。暫く誰も近づけるな。」
彼女の様子にひとまず満足し、早々に人払いをした。


ーーーーーーーー


後宮の奥にある小さな四阿。

簡素な長椅子に2人並んで座り、ゆったりと庭園を眺めつつお茶を楽しむ。


「では、早速ですが…。」
少し遠慮がちに夕鈴が茶菓子の準備を始めた。
籠から出され、卓に並べられてゆく茶菓子の数の多さに眼を見張る。

「これ、全部夕鈴が作ったの?まだ温かそうだね。」
「あれ?出来たてのお茶菓子が食べたいって仰ったんじゃないんですか…?」
数種類の点心からはまだほんのりと湯気が立ち、美味しそうな匂いが漂っている。
「…それにしても、こんなに沢山。
大変じゃなかった?」
「いいえ、元々調理は大好きですから。
まぁ、李順さんから
『職人さんが出払って居ないので、代わりに今からお菓子を作って欲しい』
なんて言われた時は戸惑っちゃいましたけど…。」
困った人ですね、とでも言う様に小さく肩をすくめる。

ーー李順は夕鈴にその様に伝えていたのか。

「あー、ごめんね?急に…。
もう、とにかく甘い物が食べたくて仕方なくって。」

ーー本当は、仕事もキツイしずっと夕鈴にも会えないし…。『こんなにデスクワークが続いてて、これに見合うご褒美がないとやる気なんか出るか!』と李順にごねまくってただけで、お菓子の事は知らなかったんだけど。
でもまあ、《僕が食べたいと言った》から作ってくれたのだと思うと…、特別な感じがして良い。

「ふふっ。大丈夫ですよ!
大変なお仕事がずっと続いているとお聞きしてましたし。
私も何かお力になれればと思って、頑張ってみたんです。」
そう言いながら、幾つかの茶菓子が乗った皿を手渡してくれる。

ーー頑張ってくれたんだ。

僕の為に頑張った、と聞くだけで自然と気持ちも表情も綻ぶ。
一口食すと口の中にほんのりとした甘さが広がる。
夕鈴の味だ。
優しい甘味が身体に染み込む代わりに、疲れがすうっと消えて行く様だ。

「うん。何時もながらとっても美味しいよ、夕鈴。」
「…喜んで頂けて良かったです。」

久しぶりに見る、彼女の表情。

ほんのりと頬を染めて、それはそれは嬉しそうに微笑むその姿に……、


魅入ってしまった。


「庶民的な物ばかりで申し訳ないんですけど、疲れた時はやっぱ甘い物ですよね!」

「お茶のお代わりもどうぞ。」
夕鈴の白い手が近付く。

ドクンッと心臓が脈打つ音がした。


ーーその手に…。

ーーその頬に触れて…。そしてその……。


そこまで考えた所でハッと我に返り、慌てて卓に並べられた別の菓子に目を向ける。
「あ…、これも頂こうかな。」
「はい!では、お取りしますね。」

ーー今、自分は何を…?

連日の政務疲れの為か、思った以上に思考が鈍くなっている様だ。
静かに眼を瞑り、ふう、と深く息を吐きながら精神を集中させる。
…気を引き締めておかないと、今の自分は何に対しても我慢出来そうにない。
嫌がられる事はしたくないのに。

夕鈴の気配が近付いて来たので其方を見遣ると、何だか辛そうな表情をしている。
「どうしたの、ゆーりん?」
「陛下…。とてもお疲れの様ですね。」
夕鈴はそう言って遠慮がちに僕の顔を覗き込んできた。

「大丈夫ですか?」

心配気に見上げる顔。

真っ直ぐに見つめてくる潤んだ瞳が、
愛らしい柔らかそうな唇が、
こんな近くに。

ーー触れて欲しそうに。

│posted at 20:00:19│ コメント 0件
2016.01.15(金)

陛下、ご褒美を楽しまれる。 2


「陛下?」

「えっと、ちょっと、大丈夫じゃないかも。」
思わず考えた事が口に出てしまった。
口元を手で覆い、視線を逸らす。

ーーこれは本当に危ないな。

「ええ?!やっぱりっ!
よっぽどお仕事ぎっちりみっちりだったんですね…。」

どうしましょう、何か私に出来ませんかね、と僕の為に真剣に悩んでくれる夕鈴を見て、じんわりと暖かい気持ちになる。

「ごめんごめん。本当は大丈夫だよ。」
「え?でもお顔の色も…。」
「ちょっと寝不足なだけだから。ね?」
其れを聞いた夕鈴は、僕と長椅子を交互に見た。

「では、此方で少しお休みされて行ってはいかがですか?
少しでも横になると、疲れが取れて身体が軽くなりますから。」
「うーん、でもここはこの長椅子しか無いし。
僕、夕鈴を立ちっぱなしにはさせたくないな。」

ーーもちろん夕鈴と離れて1人で休む気も、さらさら無い。

「え〜…私、立ってる事位どうって事ないですよ?ではお部屋の方に行かれ「ダメ。僕1人で此処で休むのも嫌。」
夕鈴の言葉を遮り提案を拒否する。

「何でですか!お疲れなんですから、ゆっくり休んで下さればいいのに。」
もうっ!と言いながら顔を背けた。
ぷっくり頬を膨らませた夕鈴はもう最高に可愛い。

ーー頬くらいなら触れて良いよね?

そっと片手を伸ばそうとした時、何かを思い付いた夕鈴は勢い良く此方に向き直った。
「なに?」

「では陛下!
膝枕なら、陛下がお休み出来て私も座ったままでいられて、2人の意見が通ります!
いかがですか?」
満面の笑みで頷いている。


ーー膝枕?今の思考の鈍った状態の僕が??
…無理じゃない?
そりゃ夕鈴の膝枕は捨て難いけど。

絶対柔らかい太ももの感触や、垂れて僕の顔をくすぐる髪、頭を撫でる指先、そして下から見上げる夕鈴の……。


ーー無理無理。絶対に今日は無理。

何かやらかして…嫌われて、今この距離感を喪うのが恐ろしい。


「…陛下?」
直ぐに返事が出来なかった僕を見て、夕鈴は不思議そうに首を傾げた。


「ーねぇ、夕鈴。
今日は、久々に夕鈴とこうやって一緒に居られるから。」

そっと夕鈴の手に自分の手を重ねる。

ーーこれで今日は充分だから。


「それだけで私は癒され、満たされている。」
「なっ!!」
突然の狼陛下に夕鈴の身体が強張る。

「膝枕…は次の機会にじっくりと堪能させて貰おう。」

そう言いながら真紅に染まった頬をそっと指先で撫でると、もう眼がグルグルなっている。

ーーやっぱり可愛くてやり過ぎちゃうな。

「へーかっっ!!今は演技いりませんっ!」
「ごめんごめん。
では、我が国1番のお茶菓子を頂こうかな。」
眼を細めて夕鈴を見つめる。
「ま、また演技入ってますッ!
もういいですから、早く食べて下さい!!」


賑やかなお茶の時間。
側に居るだけで、こんなにも楽しく過ごせる。

これだけで今日は充分だよ。



今日は、ね?

│posted at 20:01:57│ コメント 0件
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数