2016.10.10(月)

☆SSとのコラボ☆  『お妃様と執事様』

このブログに遊びに来てくださってる皆様こんばんわ。



今日はなんと・・・ひしょきら様よりSSを拝借してまいりましたッ!!!
こんな事するのハジメてでドキドキします✨( *´艸`)✨
え?
…ちゃんと許可もらってるから!!大丈夫だからッ!!!


某SNSで、ひしょきら様がまるねこ様とけい様と一緒に執事喫茶に行った事が元になったという『SSお妃様と執事様』を拝見しまして。
それを見て思わず描いた落書き漫画を御三方にお送りしたところ、ブログでSSと一緒に公開する許可を頂きました✨

ひしょきら様、まるねこ様、けい様。
転載&同時公開のご許可、ありがとうございました(*´ω`*)!!


―――以下、SNS(ひしょきら様の日記)より転載―――


※コミックス15巻までの内容に基づいています(第82話の後を想定)
※白陽国内に執事喫茶が最近オープンして貴族のご令嬢達に人気、
  という我ながらハチャメチャな設定
※糖度ゼロ


以上をご覧のうえ、細かい事は気にしない!という方はどうぞ~w


[(一応)原作設定寄り][本物夫婦]


***********************************************************

■お妃様と執事様



「お待たせいたしました。どうぞお召し上がりください、お嬢様。」
目の前に立つその黒い装いの男性は、美しく彩られたお皿を
恭しい仕草で私の目の前に置いてくれる。
「あ、ありがとうございます……」
「何かございましたら、お呼び下さいませ。」
そう言って男性は、一礼すると優雅な身のこなしでその場を去っていく。

目の前にあるのは、後宮で目にするものとはまた違う、
でも明らかに高級そうな、美しいお皿や茶杯。
少し遠くに目をやると、天井からはキラキラ光る装飾がぶら下がっている。
(ま、眩しすぎる……!この空間は、一体何……!?)
明らかに場違いなその雰囲気に、私はただ茫然とするしかなかった。


事の始まりは、久しぶりに届いた、紅珠からのお茶会へのお誘い。
『たまには、王宮の外でお茶会をいたしませんか?
 ぜひお妃さまをご案内したい場所がございますの』
彼女からの手紙には、そう書かれていた。
陛下にお願いしてみたところ渋々ながらも許してくださったので、
紅珠の馬車に乗って出かけてみると…此処だった、ってわけ。

「紅珠、あの、一体ここは……」
とにかく、状況が見えなさすぎるわ。
男性の姿が見えなくなったのを確認して、私は紅珠にそっと耳打ちする。
「おき…夕鈴様は初めてでしたわね。
 『執事喫茶』と申しまして、西の異国の様式でお茶を楽しむ場所ですの。」
「しつじ、きっさ……」
訳も分からず、私はただ、紅珠の言葉をそのまま呟いた。
(今日は王宮外の人も出入りする場所でのお忍びお茶会なので、
 紅珠には呼び方を変えてもらっている)

「先ほど私達の給仕をしていた黒い装いの男性が『執事』と言って、
 使用人の中でも特に教養に優れ主人の身の回りの世話をする者を
 指すそうですの。」
「そ、そうなの……」
そう説明しながら優雅に茶杯(異国では「ティーカップ」と言うのだとか)を手にする紅珠は、すっかり様になっている。
「異国の文化に触れながらお茶を楽しめるという事で、貴族の子女達の
 間で今とても人気の場所ですのよ。」

「異国の、文化……」
その言葉に、朱音姫と過ごした先日までの記憶が蘇った。
(そうよ、異国の文化にも対応できる妃になる事は必要だわ…!!)
陛下の本物の妃になった以上、異国からのお客様と交流する機会は
これからだってあるハズ。
(陛下の隣に立って恥ずかしくない妃になるべく、頑張らなきゃ…!!)
キラキラした空間の中、私はひそかに心の中で気合いを入れなおした。


…のは良かったのだけれど。

次のお料理を頂きたくてお皿に手をのばそうとすれば
「お嬢様、私がお取りいたします。」
すかさず執事さんが現れ。
お茶のお代わりをいただこうと茶器に手をのばそうとすれば
「お嬢様、私がお注ぎいたしますので。」
再び執事さんが私のもとに駆け付け。
さらに、膝元の掛け布を床に落としてしまったので拾おうとすると
「お嬢様、なりません。そのような事は私にお申し付け下さい。」
新しい掛け布を持ってきた執事さんにたしなめられる始末。
(本当、こういうの慣れないわ……)

一方、紅珠はと言えば。
「こちらのカップは初めて見る絵柄ですわね。何と申しますの?」
「流石でいらっしゃいますね。こちらは『マイセン』と申しまして、
 先日西方より取り寄せたものでございます。」
「鮮やかな青がとても美しゅうございますわ。」
執事さんとの会話もとてもスマートで、聞いていてほれぼれしちゃう。

さらには、
「ところで、今日のお茶はミルクとの相性も良いと聞きましたわ。
 次はそのようにご用意してくださいます?」
「勿論でございます、ただいまお作りいたします。」
執事さんへのお願い事も堂々としていて、
まさしくこれが本物のお嬢様なのね・・・、と改めて痛感。

(本物の妃になって、少しは慣れたと思ったんだけどなぁ……)
内心しょんぼりしながら後宮に戻った私は、
久しぶりに目の当たりにしたキラキラに当てられて
しばらくの間、ぐったりと長椅子に座りこむしかなかった。


<おわり>
***********************************************************










―――以下、江口が送り付けた落書き漫画―――


お妃様と執事様1


お妃様と執事様2






ありがとうございました!!!(*ノωノ)

│posted at 22:13:54│ コメント 12件
≫コメント 
なんと!萌の日\(//∇//)\
絵もお話もキラッキラな世界のコラボが〜♡
全員男と知ったへーかの顔が好きww
志緒│URL│posted at 2016-10-10(Mon)23:45│編集
これが噂の(*´ω`*)

面白かったです〜(о´∀`о)
花愛│URL│posted at 2016-10-10(Mon)23:54│編集
ああ、ついに公開ですね(#^.^#)
ほんとに、見事にあの様子が再現されて、江口さんの素敵な漫画と一緒に見ることが出来て嬉しいです♡
はい、掛け布を落として拾ったらたしなめられたのは私です。
バレない?とコソッと拾ったのに、すかさず「お嬢様、お取替えいたします。さりげなく拾ったつもりでも見ておりましたよ。」と^^;
あ、やっぱり?さすがって思いました。
あのキラキラ、写真撮りたかったけど、中での携帯等の使用はご法度なのでお話でキラキラを表現してくださって。ひしょきらさんグッジョブでした。
江口さんも言ってないのに世界観がぴったり♪
素敵なコラボをありがとうございました!
まるねこ│URL│posted at 2016-10-11(Tue)00:23│編集
お話しも漫画も素敵です~vV
最後の陛下の顔がツボです(*´∀`)ノシ アハハ
コラボ、ごちそうさまでした!
かざね│URL│posted at 2016-10-11(Tue)09:41│編集
剣呑な目からはじまって最後は悋気発動陛下(笑)
江口さんの漫画はやっぱりセンス最高です!
novello│URL│posted at 2016-10-11(Tue)10:05│編集
わーい!公開ありがとうございますヾ(*^▽^*)ノ

まさか、お遊びで書いたものがこんなに(私が)美味しい展開になるとは(笑)
後で陛下が聞いたらこうなるだろうな~って思ってたのが見事に漫画になってて、感動を覚えました(*´ω`*)
私も、全員男と知った瞬間の悋気陛下が好きですw

こちらこそ、コラボありがとうございました~!ヾ(*^▽^*)ノ
ひしょきら│URL│posted at 2016-10-11(Tue)22:02│編集
志緒様

萌の日でしたね( *´艸`)!!コメントありがとうございます。
も~、執事喫茶のお話読んでて妄想膨らみっぱなしなんです~✨
陛下のオチ表情www
あんなの陛下じゃないって言われなくて良かった!!
えぐち│URL│posted at 2016-10-11(Tue)23:18│編集
花愛様

コメントありがとうございます!!
これが噂のアレですww
続き、いつかまた描けたらupしますのでよろしくお願いします(*´ω`)!
えぐち│URL│posted at 2016-10-11(Tue)23:20│編集
まるねこ様

コメントありがとうございます!
うふふふふ( *´艸`)♡
> はい、掛け布を落として拾ったらたしなめられたのは私です。
あれ、まるねこさんだったんですねw
ああ~~、私も執事さんに優しく指導してもらいたいです~~!!
この度は、お名前公開もありがとうございました✨

えぐち│URL│posted at 2016-10-11(Tue)23:26│編集
かざね様

コメントありがとうございます!
あ、陛下のオチ表情を気に入って下さった方がここにも・・・!?
こうやって他の方のSSまで転載させてもらえるコラボってなかったので、何だか緊張します。
楽しんで貰えて私も嬉しいです✨( *´艸`)
えぐち│URL│posted at 2016-10-11(Tue)23:32│編集
のべ様

コメントありがとうございます✨
陛下って夕鈴のお願いにダメって言いそうにないですよね( *´艸`)。
そんな我慢陛下のリミットブレイクする瞬間が描きたかったんですw
・・・セ、センス!!!??ΣΣ(°Д°;)(あったっけ!?)
えぐち│URL│posted at 2016-10-11(Tue)23:42│編集
ひしょきら様

こーんばーんわー!!
コメントまで✨感激です~~(*´ω`*)♪
このブログに来て下さった方々にも、SSを通じてキラキラした世界をお妃様と共に体験して貰えると思うと、とても嬉しいです。
今回、転載のご許可を頂きまして誠にありがとうございました~~!

え、陛下のオチ顔を気に入って下さった方、もしかして結構いる・・・!!?www

えぐち│URL│posted at 2016-10-11(Tue)23:55│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数