2015.11.13(金)

小犬陛下と饅頭屋 2ー1

《出会いの後》


【下町 章安区】

「オイ、お前もう店は良いのか?」

夕鈴は大通りで夕飯の買い出しをしていると、突然声を掛けられた。

振り向くと案の定、幼馴染のあの男だった。今日は仕事の途中なのか、店の若い衆達を連れている。
「あっ!出たわね金貸し息子!!」
「またお前は何でそう突っかかった物言いしか出来ねぇんだ。
それより饅頭屋はどうした?」
「ああ、お店はもう完売したから終わったの。今日は常連さん達が結構来てくれたしね。
…売り上げは何時ものようにアンタん家の番頭さんに預けたからよろしくね。」
「そうか。まぁ、早く売れたんなら、漸く常連客がお前の味に嫌々ながらも慣れて来たって事かな。」
几鍔が半目で夕鈴の顔を見ると、いつもの様にぷっくり頬が膨れていた。
「失礼ね!腕が上がったのよ……きっと!!」
「ぷっ、どうだか!」
夕鈴の自信があるんだかないんだか良く分からない言い方に、思わず吹き出してしまった。

几鍔は連れていた店の若い衆に二言三言話し先に行かせると、夕鈴の方に向き直った。
「なぁ、ちょっと店の事で話があるんだが、ちょっと時間あるか?」
「ええ、ココで?ウチで話しても良いけど…。」
「いや、俺も仕事があるから今ココでいいや。
で、店の話なんだがな。ここ何日かで段々饅頭の売り切れる時間が早まってるし、もう少し作ればもっと売れるんじゃないのか?」
「うーん、そうなのかしら…。
ああ、そう言えば。今日完売した後に来たお客さん、とっても残念そうにしてくれてたのよねぇ。私も何だか申し訳なくて…。」

お饅頭がない、それだけで悲しげに項垂れていた最後のお客さんを思い出した。
ついついほっとけなくて商品じゃないワケアリ饅頭を渡してしまったけれど、あの人お饅頭気に入ってくれたかしら…。

「だったらもう少し数増やしてみろって。そしたら今より稼げるだろ?」
「でも…、作り過ぎて残っても勿体無いし。それに早く終わらせて店を閉めないと、次の明玉の所のバイトに間に合わないし…。」
「なら、売れ残ったら明玉ん所の飯屋で土産用なんかに置かせて貰えよ。飲み会帰りの客が家族にって買ってくかも知れねえし、利益の何割かを飯店に渡すって事にしたら多分店に置いてくれんじゃねぇか?」

「えっ!!本当に?
それだったら、もう少し作ってみたいな。
…そうなると、先ずは店長と女将さんに相談しなきゃね…。」
「女将の方は任せとけ。連絡しといてやるから。店長へは、お前の交渉次第だな。」
そう言うと、几鍔は挑発する様に夕鈴に向かってニッと笑った。
「…やれるか?」

「もちろんよ!!」




│posted at 22:19:09│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数