2016.11.22(火)

小犬陛下と饅頭屋 7-6

こんにちは。(´-ω-`)

本当に・・・コレ待って下さってた方、お待たせしました。


大寒様のリクエスト、饅頭屋の続きをupです。
支部の方でも、その内upしたいと思いますw





【パラレル】【もしも夕鈴が臨時妃の話を断ったら】【オリキャラ注意】

---------------------


「…どうやら本当に…お役人みたいだな。」


几鍔が硬い表情を崩さず李翔に問う。
まだ李翔を信用したわけではない、といった所だろう。


「うん、分かってくれて嬉しいよ。」
そう言いながらにっこりと笑う李翔を、几鍔はまた怪訝そうな目で睨みつけた。

「は!だからって、てめえの事をまるっと信用出来るわけじゃねえ。
…お役人にも色々いるからなぁ?」
「えー、そんな事言われてもなあ。」
のほほんと返事をする李翔と睨みつける几鍔。
堪え切れなくなった夕鈴は、李翔を庇うように几鍔の前に立ちはだかった。
「几鍔!その言い方は失礼じゃないッ!!
あんたこそ李翔さんの事よく知りもしないで勝手な事言って!!」
「おま…!お前だってコイツがお役人だって事すら知らなかったじゃねェかッ!」
「何よッ!!私はねェ、そんな事知らなくても李翔さんの人柄ってもんをちゃーんと分かってんの!」

李翔はそこまで大人しく二人のやり取りを聞いていたものの、夕鈴がそれほどまでに自分の事を信頼してくれているとわかり、僅かに顔を綻ばせた。

「李翔さんはいつもとっても優しいし気が・・・え!?」
几鍔にまくし立てている最中の夕鈴の手を取ると、李翔はするりと傍へ引き寄せた。
「っ李翔さん!??」
「・・・まあまあ、夕鈴もそんな興奮しないで。
君・・・金貸し君だっけ?そんなに心配しなくても今日はこの後お昼を食べたらすぐに夕鈴を送り届けるよ。
・・・用事は済んだから。ね?」
李翔がにっこりと微笑んで見せると、夕鈴もつられてぎこちなく微笑んだ。
「は・・・はい。」

そんな夕鈴から几鍔達へ向き直ると。

「というわけで・・・今日の所はこれで失礼するよ。じゃあね。」
李翔はそう言い終わるや否や夕鈴の手を引くと、店の出入り口へと歩き出した。

「ああ!?話はまだ・・・」
几鍔が引き留めようと右手を伸ばした時。


李翔がゆっくりと振り返り、今までとはまるで違う微笑みを見せた。


紅い目が深く冷たく、否を全く受け付けない……そういう笑顔。

先程まで何処か頼りなさ気な雰囲気を見せていた男だったが、その一瞬で全くの別人に思えた。


「ばいばい・・・金貸し君。」
李翔はそう言うと、また人懐こい微笑みを浮かべ、夕鈴と店を後にした。



「・・・・・・あいつ・・・本当にお役人か?」

几鍔は硬い表情のまま、ぽつりと呟いた。





│posted at 16:25:58│ コメント 19件
≫コメント 
饅頭屋の続きだヽ( 'ω' )ノ

私も超待ってました!!

これから二人でどこに行くんだろ (*´-`*)
花愛│URL│posted at 2016-11-22(Tue)22:36│編集
饅頭屋ー!(≧∇≦)
嬉しい嬉しい♪待ってましたよ。
今後の展開がワクワク待たれます。また暇を見つけて更新してくださるのを待ってます(*´∀`)♪
まるねこ│URL│posted at 2016-11-23(Wed)05:10│編集
花愛様

待ってて下さってありがとうございます✨
久々ですよSS・・・(;´Д`)書けぬ・・・

これから二人でご飯食べたらそっこー帰ります。はい。(*´ω`)w
えぐち│URL│posted at 2016-11-23(Wed)11:02│編集
まるねこ様

待ってて下さってありがとうございます✨
リクエスト頂いて、ちょっと踏ん切りがつきました(*´ω`)。
これから書きたいシーンもあるので李翔さんには申し訳ないんですが超特急でお帰り頂こうと思ってますww
臨時お妃様方が出番待っとりますんで!(/・ω・)/
えぐち│URL│posted at 2016-11-23(Wed)11:06│編集
待っていました。
待っていたよ~ん!
これからの展開にワクワクですが、コメ返を見るかぎり、期待通りに行かないようで・・
気になります~!
ゆらら│URL│posted at 2016-11-23(Wed)20:58│編集
( *´艸`)ウフフフ
お待ちしておりました。
李翔さん嬉しかったでしょうね~(*´ω`*)
続き、楽しみに待ってます。
かざね│URL│posted at 2016-11-23(Wed)23:02│編集
饅頭屋さんだぁ~。
ありがとうございますぅ~。
目一杯楽しませていただきましたぁ~
あーーー幸せェーーー
大寒(おさむ)│URL│posted at 2016-11-23(Wed)23:26│編集
皆、待ってた!私も待ってた!!

夕鈴の正義感、陛下の二面性。
原作の味を全く損なってないパラレル。
さすが饅頭屋、美味しく頂きました♪

色々お忙しい中、どうもありがとうございました!
novello│URL│posted at 2016-11-24(Thu)09:34│編集
饅頭屋さん!!
待ちくたびれて忘れてたから遡ってよんで来よう。←

思えば、饅頭屋から貴女様を知ったのでしたね…お懐かしい…って事で続きも熱望致しまして。。。これにてドロン(笑)
行│URL│posted at 2016-11-24(Thu)13:13│編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-││posted at 2016-11-24(Thu)21:50│編集
ゆらら様

もう、随分とお待たせいたしまして;。
でも待ってて下さってありがとうございます✨(´Д⊂ヽ
もっとデートさせてあげたいんですが、長くなりそうなんでww
他の臨時お妃様の予定もありますので、もう少しお付き合い下さい~~!!
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)00:44│編集
かざね様

コメントありがとうございますー!!
いつも読み逃げしててごめんなさい・・・(;;
李翔さん、ご機嫌ですw
今月中にもう一話くらいは書きたいです(*´ω`)。
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)00:49│編集
大寒様

この度は、リクエストして下さってありがとうございます(*´ω`*)。
最近はすっかりインターネット落書きマンになってましたんで;。
楽しんで頂けたようで、本当に嬉しいです!

折角なので、この調子で書いて行きたいと思います(=゚ω゚)ノ
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)00:54│編集
のべ様

いつも励まし&勿体無い程のお言葉、ありがとうございます✨
のべ様のような表現力があれば・・・!!と思いつつ頑張っておりましたw

また、あちらの方でもヨロシクお願い致します(*´ω`*)
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)01:03│編集
行様

もう、いつから書いてないのか私も覚えてませんww
お待ち頂きまして、ありがとうございます✨

ああ、そうだったんですね(=゚ω゚)!
結構饅頭屋から私のコト知ってるって方多いんですよ。饅頭、そんなに印象強いんですかね??w

またマイペースに書いてまいりますので、今後ともよろしくお願い致します(*´ω`)。
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)01:07│編集
RK様

お待ちいただきまして、ありがとうございます✨
焦らしぷれいwww(゚∀゚)
そんなつもりは毛頭なかったんですけどもwww

私もお話したい事が・・・!!!
明日夜、メッセさせて頂きます('◇')ゞ
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)01:12│編集
くれは様

拍手コメント、いつもありがとうございます✨
思い返せばくれは様には随分と励まして頂きまして・・・!!
本当に感謝してます。

そんでもって。
そんなくれはさんに残念なお知らせが;。
以前、どこかで、お話したんですけども、えー、このお話、夕鈴後宮ENDは、ありませ…げふんげふん。(´Д⊂ヽ

てなワケで、それも含めて今後のSSの行く先を見守って頂ければと思います( *´艸`)♪
えぐち│URL│posted at 2016-11-26(Sat)01:24│編集
久々に覗きに来たら
饅頭屋が更新されてた∑(゚Д゚)
←遅すぎ

いいなぁ…李翔さん、やっぱかっこいい。\(//∇//)\
けい│URL│posted at 2016-11-29(Tue)21:22│編集
けい様

コメントありがとうございます!
(*´ω`)ちょっと短いんですけど;。

李翔さん、今後も適度に狼を出して行ってもらう予定です✨
えぐち│URL│posted at 2016-11-30(Wed)15:47│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数