2016.11.30(水)

狼陛下の側近の花嫁 5

某SNSからの転載です。

8話まではストックがあるので、サクサク更新したいと思います(/・ω・)/



☆ご注意!!☆

※この作品は李順の謀シリーズの 《謀の後始末》ラストif話 です。
※現在まだ未完です。
※あるイミ李順×夕鈴です。


上記ご納得の上で『続きを読む』をぽちって下さい。





【二次創作SS】【臨時妃設定】【黎翔×夕鈴】【シリアスではない】【謀の後始末if話】

ーーーーーーーーーーーー


『無理です!ぜーーったい無理ぃッ!!』

夕鈴は可能な限り小さな声で叫んだ。




夜になり、勧められるまま湯あみを済ませた夕鈴。
そのまま案内された寝所に入ると、見事な細工の天蓋付きの大きな寝台が目に入った。
部屋の中には夕鈴の好きな花が様々な壷や花瓶に生けられ、まるで後宮の一室のようだった。

「まぁ、素敵…♪」

そして、そんな部屋に溶け込むように、長椅子に座る夜着姿の李順がいた。

「…ッ!!?」

な…なんで…!?

とっさに声を出さなかったのはお妃バイトの成果だろう。
動揺する夕鈴を、後ろに控えていた使用人は恥ずかしがっていると勘違いしたようだ。
夕鈴ににっこり微笑むと小さく大丈夫ですよ…と声をかけ、下がっていった。


全然…大丈夫じゃないです~~!!!


涙目で使用人を見送った夕鈴に、李順は取り敢えず椅子に座るよう声をかけた。


「どういうことですか!?ほんとにビックリしたんですからねッ!」
「それについては謝ります。……ゆっくり説明する時間も取れませんでしたし。」

そして李順は現在の状況とこれからの計画についてを話した。



貴族は王族と違い、余程の大貴族でない限り夫婦は一緒の寝所で休む事が多い。
夕花を溺愛しているように見せかける為、寝所を一緒にしてもらいたい…という事だった。

「む…無理です…!!」
「もちろん、一緒の寝台を使うことはありませんのでご安心を。
そこに寝台にもなる長椅子がありますので、私はそちらを使います。」
「無理です!ぜーーったい無理ぃッ!!」

「…なぜです?私はそんなに信用がありませんかねえ?」
李順は眉をひそめた。

「いやそうじゃなくて……!信用はしてます!!
でもあの…嫁入り前に男性と同室で寝るっていうのは……はしたない気がしますし。」
そんな夕鈴を李順は鼻で笑う。

「ふッ!夕鈴殿、あなた離宮に行った時に陛下と同じ寝台でお休みになりましたよね…?」
「う…ッ!」
「そんな事したにも関わらず、同室で寝るのがはしたないと思うとは……笑えますね。」
「ぐぬぬ…ッ!!」
それでも…となかなか首を縦に振らない夕鈴。
李順は大きく息を吐いた後、何かを決意して夕鈴を見据えた。

「では……仕方がありませんね……。」
「え?」

李順は椅子から立ち上がり、夕鈴を見下ろした。


先ほどまでどこか申し訳なさそうに夕鈴に‟お願い”をしていた李順。
だが、今は王宮で仕事をしている時と同じような鋭い眼をしている。
その真剣な表情に、思わず気圧される。


仕方がない……から、どうしようというのか……。


「………一割増。」

「は?」

「ですから、一割増です。
これから三週間、寝所を同室にしてくれたら謝礼としてバイト代を一割増にしましょう。」
「ええ~~~!!?」


あの李順さんが……バイト代を……増額!?

……一割も!!?


驚愕する夕鈴にいまいち納得がいかないものの、明らかに意思が揺らいだのが見て取れる。
そのままの勢いで、李順は話を続けた。

「それ程に困っていますし、この計画に賭けている…とご理解下さい。
折角のこの計画、より確実なものにしたいと思っています。
…それに貴女も、寝る場所を我慢するだけでバイト代が増えると思えばお得だと思いますけどねェ。」


困ってる…?

バイト代が増えてお得……!?


夕鈴は、李順の別の意味での誘い文句に耐えきれず…。


「…わかりました!では、寝所同室でお願いします!!」



そう高らかに宣言した。










浩大が去った後。

部屋には夕鈴の寝息が静かに響いている。

警戒心がまるでない夕鈴を前に李順は思う。


おかげで今回は助かったが、この無防備さは危険だ。
この計画が無事に終われば、そこもきちんと教えて行かないと……。



「陛下の雰囲気に流されて取り返しの付かない事になっても困りますからね……。」



李順にまた一つ悩み事が増えた。
│posted at 15:42:48│ コメント 2件
≫コメント 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-││posted at 2016-12-01(Thu)08:54│編集
MM様

もしかしてSNSで活動されてる方ですか・・・??
こんなところまでようこそおいでくださいました✨
私、取っつき難いですか・・・?ごめんなさいね・・・。
声を掛けてもらえるまでこっちからアクション出来ないチキンなんですーー!!
うおーーーん(´Д⊂ヽ
なので初コメント、本当にありがとうございます(*´ω`*)

3週間後の陛下・・・理性が勝つのかどうかとか考えると鬼楽しいですねwww
臨時妃設定はそういうとこも妄想膨らみますね✨

えwww
キリ番は特に設定してないですw
なので、ご希望ございましたらコメ欄ででもお知らせ下さい~!
叶えられそうだったらお応えしますので♪(/・ω・)/
えぐち│URL│posted at 2016-12-01(Thu)17:14│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数