2017.08.13(日)

小犬陛下と饅頭屋 9ー2

思ったより時間が出来ました。
でも、これで下書きストックも無くなりましたm(_ _)m。


【パラレル】【もしも夕鈴が臨時妃の話を断ったら】【オリキャラ注意】






【白陽国王宮】


執務室で一人、黙々と書簡に目を通していた陛下は、徐ろに顔を上げた。

直後、上から浩大が降りて来る。

「只今戻りマシタ!」
「遅かったな、浩大」
「ちょっと鼠がいたから追い払っててサ」
そう言うと、どこからか取り出したクナイを片手でクルクルと回し、またどこかにしまった。
そして「はい、お待たせ〜!」と、抱えていた包みを陛下へ向かって軽く放り投げた。

瞬間、包みをキャッチした陛下に睨まれる。

「……二度と投げるな」
「え…あ…ハイ」

若干青くなった浩大を尻目に、陛下は包み紙を丁寧に広げた。
取り出した饅頭を一口頬張り、ゆっくりと背もたれにもたれかかる。


じんわりと気持ちが和らいでいくような甘さに満たされる。


「お、ようやく落ち着いた?」
「……」
陛下は黙ったまま、また一口饅頭を頬張った。

「下町でも狼陛下の消えた花嫁達のウワサで持ちきりだったよ」
ケラケラと笑いながら話続ける。
「お妃ちゃん、結構美人だったのに。
こんなに早く辞めちゃうなんてつまんね〜。
まぁ、おかげで強烈な縁談避けにはなったらしいけどさ」


前の妃が忽然と姿を消し、また何処からか現れた妃が今度は数日で姿を見せなくなった事で、今まで挙って自身の娘や縁戚の女を妃にと進言していた臣下の者達も躊躇したようだ。

あれ程煩わしかった縁談の話がピタリと止んだ。

その代わり、陛下の恐ろしげな噂が次々と産まれているが。


今回の臨時妃が数日で消える事は、想定外だった。

新しくやって来た彩月という女性は、そこそこ美人で真面目。
立ち姿も楚々としており、夫婦演技も形になっていた。
李順もこの者なら大丈夫だろう…と思っていたのだが…。

3日目、臨時妃が後宮の回廊で刺客に襲われた。

実際は陛下達が以前から証拠固め等の為にワザと泳がせていた間者で、襲撃も未遂同然で臨時妃に怪我はなかった。

ただ、臨時妃は心の底から恐怖し、家に帰りたいと泣き出した。
なだめようとした陛下(武器所持)に命乞いまで始めた為、夫婦演技が出来ないと判断し落ち着くまで待つ事になった。
…が、2日経っても変わらずもう辞めたい家に帰りたいと泣いて訴え埒があかず、結局陛下と李順は臨時妃の解雇を決めた。


「まぁ、暫くは仕事で手一杯だからな。
その方が助かる」

こう忙しくては、たとえ臨時妃が居ても夫婦演技をする暇もないだろう。
余計な仕事が無くなる分、居なくて好都合でもある。


陛下が饅頭を食べきったのを見て、浩大は夕鈴の言葉を思い出した。

「あ、そうそう。
お饅頭屋の嬢ちゃんから伝言あったんだ!
『お仕事頑張ってください』だってさ」
「そうか」
それまで疲れて無表情だった陛下が、夕鈴の伝言を聞いた途端、ふっと頬を緩ませ嬉しそうな表情になる。


なにこの狼陛下の顔!

お嬢ちゃんすげェな!!


狼陛下の変化に、浩大は今後の楽しみが出来たと心の中で喜んだ。



その夜。


「もっと肝の据わった娘は居ないんですかねぇ!?」
李順は臨時妃候補のリストを見ながら頭を抱えていた。


勤勉で、陛下の姿に惑わされず、少々危険な目に合っても耐えられる、そんな人材。

……。
果たして、そんな娘がその辺にいるのだろうか?


段々、この計画自体が無理だったような気がしてくる。


そんな李順に対し、それまで黙って他の書簡に何かを書き付けていた陛下がようやく口を開いた。
「李順。
暫くは連中も様子見で大人しくしてるだろうし、計画は一旦中止だ。」
「え!?」
「前に話していた第一候補の汀夕鈴が雇え次第、また臨時妃計画を再開する」
「しかし、彼女は…」
「第二候補、第三候補がアレだったんだぞ?
第一候補じゃないともう嫌だ」

プイッと顔を背ける陛下。
李順は大きく溜め息をついた。


こうなると何を言っても聞かないのは、今までに嫌と言う程経験している。


「あー、もう。分かりました!
ではその様に手筈を整えておきます!」

ブツブツと小言を言いながら部屋を出て行く李順を見て、狼陛下の口角がうっすらと持ち上がった。







という訳で、あと一人オリ臨時妃出てくる予定にしてたんですが、書いてるうちに陛下が拒否る展開になりました。
陛下の怨念でしょうかコワイ。

まだまだ続くよ饅頭屋!
│posted at 20:04:20│ コメント 2件
≫コメント 
ついに夕鈴に絞った!モブキャラを追いやるなんて夕鈴すごーい(*´∀`*)
これからどうやって落として行くのか楽しみです♪
まるねこ│URL│posted at 2017-08-14(Mon)08:03│編集
まるねこ様

こんにちは!はい、予定になかったんですが絞りました(о´∀`о)
まるねこさん家の小犬陛下は一代決心されてましたね✨
強気小犬素敵でした〜(//∇//)←ここで言う
えぐち│URL│posted at 2017-08-14(Mon)14:06│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数