2015.11.26(木)

小犬陛下と饅頭屋 3ー1

《運命の糸を辿って》


「窓よし!」
「火元よし!」
「戸口の鍵もよし!」

夕鈴は丁寧に戸締りの確認をすると、几鍔に頼まれた差し入れが入った折を抱えて店を後にした。


大通りの端辺りから一本奥にある通り。
そこは余り人がいない倉庫等の多い区間だ。
自警を買って出た几鍔の子分達は、そんな人通りの少ない所を中心に、商店が並んでいる区全体を見廻っている。

この辺で受け渡す話だったんだけど…。

大通りと奥の通りの境目で暫く待って居たが、まばらに人はいるものの近くに几鍔の子分達の姿がない。

夕鈴はキョロキョロと辺りを見渡した。
その時。

「ーーー」

何処かで何人かの男が喚くような声が聞こえて来た。
意識して聞いてみると、どうも通りの路地裏が騒がしい。

もしかして、子分達…?
怪しい人物を見つけたのかしら…。

普段は几鍔に危ないから近づくなと止められている場所だが、本当に子分達が怪しい人物を捕まえたのなら几鍔に報せに行った方が良いかもしれない。
そう思い、こっそり覗くとやはり其処には几鍔の子分達の姿が。

誰かを数人で囲み、なにやら問い詰めている様だ。

「だから、何処から来たんだって言ってんだろーが!」
「えー。何で言わなくちゃいけないのかな?」
「お前が怪しいからに決まってんだろうっ!?」
「うーん、そんなに怪しいかなあ?」


……。

何だかイマイチ状況が解ってないのか、のんきに絡まれてる人ね〜…。


几鍔の子分達が囲んでいる怪しい長身の人物。
深くフードを被っているが、眼鏡や外套、裾からちらりと見える服の色。どれも見覚えがある。

そしてあのにこやかな口元…。


っていうかアレ、さっきのお客さんじゃないっ!?

夕鈴はそう思うと同時に勢い良く飛び出すと、男達の前に立ちはだかった。


「ちょっと、止めなさいよっ!!」



│posted at 17:20:22│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数