2015.12.19(土)

小犬陛下と饅頭屋 4-1

【白陽国 王宮 大広間】


ずらりと居並ぶ白陽国の重臣や高官達。

冷ややかな面持ちでその者たちを威圧する狼陛下。


「陛下、これは陛下の御為、そしてこの国の…秩序の為で御座います。」

今、陛下の目の前に傅いて言葉を述べる高官に、皆が注目していた。

「どうか、他の様々な花も後宮に御迎え下さいませ。」

そして高官は深々と頭を垂れた。

中々妃を娶らない黎翔が突然妃を後宮に迎えて、臣下達はようやくかと喜んでいたのも束の間、今度はその妃を唯一と言い後宮に他の妃を入れようとしなかった。
それでも、それからもう半月以上は経っている。
どれほど寵愛が深かろうが、そろそろ陛下も周りを見る余裕が出来たのでは…。
そう思って久々の後宮への進言。

皆がこの後陛下がどういった反応をするのかと固唾を呑んで見守る。

誰も彼も皆、自分の娘や縁戚の娘を後宮に入れたいのだから当然の事だろう。

黎翔の口角がゆっくりと上がる。

「ほう、様々な花、か。」
興味があるかの様な陛下の言葉に、高官も思わず興奮気味になった。
「はい!左様で御座います。花にも其々に違った良さが御座います故。例えば我がー…」

「要らぬ。」

一瞬、何を言われたか分からなかった高官は戸惑った。
そして、同じ様に周りの者にも動揺が走る。
「へ、陛下、どうかお話しだけでもお聞きー…
「…くどいッ。」
冷たく切り捨てる様に高官の言葉を遮る。
黎翔は先程の笑みは消え、何とも不機嫌そうな表情を浮かべている。

「私の花は…1人で良い。今はその話は終わりだ、何度も蒸し返すな煩わしい。
次の件に移れ。」

「……御意。」
陛下の冷酷な物言いに、その場にいる家臣が一斉に傅いた。



【白陽国 執務室】


「臨時妃のおかげで、アレ断るのが随分楽になったな〜。」
「そうですね。先日後宮にいたネズミも捕まえる事が出来ましたし、思った以上の成果が出ましたね。」

黎翔は卓上の書簡に目を通しながら、側近の李順と期待以上の臨時妃の効果に頷き合った。

「では陛下。臨時妃の件ですが、そろそろ次の者を決めないといけませんね。
因みに趙妃の延長は?」
「ないっ!」
即答である。
「……でしょうね。
では次の候補者である呂 彩月か、前回の第一候補だった汀ー…」
「ああ、もう選出は李順に任すよ。
只、今度はもっとちゃんとした人にしてね。」
余り人選に興味のない黎翔は、有能な側近に全てを投げた。
「……善処致します。」

臨時とはいえ、ひと月一緒に過ごす者なのに…。

李順はひとつ溜息をついた。


│posted at 21:56:06│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数