2015.12.19(土)

小犬陛下と饅頭屋 5-1

《お手伝い始めました》



夕鈴が店の裏手にある水場で桶に水を汲んで戻ると、李翔は横になる事なく店の彼方此方を眺めていた。

夕鈴が戻って来た事に気が付くと、徐に立ち上がりニコニコしながら夕鈴が持っていた水桶をひょいっと取り上げた。

「!」
「重いでしょ?どこに運んだらいい?」
「え、えっと、作業台の横に…。」

作業台まで水桶を運ぶと、夕鈴は笑顔で頭を下げた。

「ありがとうございます、李翔さん。
でもお客様なんですから、堂々と座ってて下さいね。
それに…ちょっと顔色も良くないようですし。大丈夫ですか?」
「えっ?……うん、大丈夫。」
「遠慮せずに休んでて下さいね!」

それだけ言うと今度は鍋を持って外に出て、戻って来たと思ったら鍋を置いてまた外に出て行った。


『大丈夫ですか?』

少し眉を下げ、心配気に自分を見上げた彼女の表情がずっと頭から離れない。

思えばあの様に親身に自分を労わってくれた人物が居ただろうか……。

ふと、常に厳しく仕事を詰めてくる側近や、滞りなく身の回りの世話をするちょっと怯え気味の内官たちの姿が思い浮かび笑いが込み上げてくる。

……居なかった。
いや、余程体調が優れぬ時などに声掛け程度はしてくれるが、彼女のように真正面から休めと言う者は居なかった。
まぁ、自分にそんな事を言える者など居るはずないのだけれど……。


李翔は忙しなく働く夕鈴の姿を、眩しそうに見つめた。




夕鈴は何時ものように隣の店から火種を貰い、慣れた手つきでかまどに火を入れ湯を沸かす。
湯が沸く迄の合間に店裏で薪を割っていると、いつの間にか李翔が横に立っていた。

「わっ!びっくりしたっ!!」

「ん?…ああ、ごめんね、驚いた?」
夕鈴の驚き具合に、李翔はクスクスと笑う。
「だ、黙って横に立たないで下さいっ!!」
「薪割りも仕事のうちなんだね〜。
毎日大変じゃない?」
「普通毎日誰でもする事だと思いますけど……。」
「ちょっと、貸してみて。」

夕鈴は申し出を断る間も無く手斧を奪われてしまった。

「李翔さんっ!」
「実は結構身体を動かすのが好きなんだ。」

そう話した後、李翔の身体が少し揺らいだように見えた。
そしてその直後、夕鈴が割ろうと足元に立てていた薪が突然カランッと音を立てて二つに割れた。
まるで測ったように綺麗に真っ二つに割れている薪。


え……、なんで急に…??


驚く夕鈴を見て、李翔はまた悪戯っぽく笑った。

「こういうの得意なんだよ。」

次の薪を立ててもう一度素早く斧を前に振る。
風を切る音がして、次の瞬間にはカランッとまた見事に真ん中から割れた薪が倒れた。

余りの速さに只々驚くばかりだ。

「わあぁ…!!凄いッ!!」

夕鈴が感嘆すると、李翔は照れつつも殊の外満足そうな表情になった。

│posted at 22:28:19│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数