2015.11.12(木)

Happy Halloween!

【陛下×夕鈴】
【臨時でも本物でも妄想ひとつで自由?】



ーーーーーーーーーーーー
《Happy Halloween!》



「とりっくおあといぃとですか?」

「trick or treatです。」

夕鈴は、お妃教育にやって来た李順にHalloweenの事を教わっていた。

「とぅりく?…とぅりっくor……??」
「……まぁ発音はこの際、重要ではありません。」
「はあ……。」

「どうやら陛下が異国の行事を随分とお気に召されたようでしてね。
Halloweenと言うものだそうですよ。
そして、子供達はその日妖怪や幽霊などに扮し、trick or treatと言いながら家々を回りお菓子を貰うのだそうです。」

「面白い行事ですねぇ!!
とりっく…はお菓子を貰える言葉なんですか?」
「trick or treat。意味は、お菓子をくれないとイタズラするぞ、だそうですよ。」
「ふふっ!!強気な台詞ですね。
子供達がそんな事言いながらお菓子を貰うなんて、可愛い♫」

「子供が言うなら……ですけどね。」

「え?」

「恐らく陛下はお妃様に言うつもりだと思いますよ……。
まぁ、そんな事になってますので、後で何か作っておかれると良いでしょう。
厨房を使っても構いませんので。」

「本当ですかッ??」

「大きな声を出さない。表情も崩さない!」
「はっ!はーい。」
「ハイは短く。」
「はい。」

李順は大きく頷き、眼鏡の位置を直すと分厚い本を取り出した。

「では、その前に昨日の復習から参りましょうかね。」
「……はーい。」

「ハイは、短くッ!」
「……はい。」





そして夜。

「夕鈴、待たせたか?」

にこやかな狼陛下が夕鈴の元へとやって来た。

「おかえりなさいませ、陛下!」

「いつも以上に可愛らしい笑顔だ。……何か良い事でもあったか?」
「は……はい。」

陛下は片手で女官達を下げながら、夕鈴をそっと抱き寄せた。


長椅子に仲良く座り、夕鈴はお茶を入れながら今日の出来事を報告した。
「で、李順さんが許可をくれて……カボチャスープを作ってみました!
夜食に如何ですか?」

「夕鈴のお手製!?嬉しいよ!」
ご機嫌な陛下に、夕鈴も嬉しくなる。
「あ、でもね!その行事はそれだけじゃないんだよ。」
「ふふふ、はい。」
「もしかしてtrick〜って合言葉も聞いた?」
「李順さんが教えてくれましたから。ちゃんとその用意もしてますよ♫」

「本当??
じゃあもう少し後でと思ってたけど。
……trick and treat!!」

「はい!どうぞ!!」
待ってましたと言わんばかりの笑顔でお菓子を差し出す夕鈴。

ニヤリと笑う陛下。

「ありがとう夕鈴。
……美味しそうな兎だね。」
差し出したカゴの中には、カボチャを練り込んで作った兎の形のお菓子が入っていた。
「陛下に合わせて、甘めにしてみました!」
「……では、じっくりと甘い甘い兎を楽しむとしよう♫」


眼を細めて笑う陛下。

その表情を見た瞬間、背中を撫でられたようにゾクリと寒気がした。


「え??」

陛下は徐に立ち上がると、お菓子を持ったまま夕鈴を抱き上げ、攫うように寝室へと姿を消した。

「なんでぇ〜〜〜!!?」






「あ!陛下っ!?何……ッ!?」



「ちょっと待っ……そんな…やだっ!!」






「〜〜〜〜ッッ!!!!!」










trick and treat!

(お菓子をくれたらイタズラするぞ!)
│posted at 14:24:21│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数