2016.03.28(月)

小犬陛下と饅頭屋 7-3

【パラレル】【もしも夕鈴が臨時妃の話を断ったら】【オリキャラ注意】



ーーーーーーーーーー



李翔が茶屋に戻る少し前ーーー。


茶屋で李翔を待つ形になった夕鈴は、これまでの李翔の言動を思い出しては顔が熱くなりボフボフと頭から湯気が出るような気持ちになっていた。

几鍔に気を付けるよう言われてから、今まで気にもしていなかった事まで気になり始めたように思う。


さっきだって……店を立ち去る時さり気なく手を繋いで来たしっ!!

やっぱり女誑しなんだわ…。


そう思うと同時に、李翔の綺麗な笑顔も思い浮かぶ。


嬉しそうに笑いかけてくる時のあの表情・・・。
なんとも言えない魅力に、毎度クラクラとしてしまう。
あの笑顔に騙されそうになるのよね〜…。気を付けなきゃ…。


そう思いながら「はぁ…」とため息を吐いた。

その時。


「オイ、何してんだ?夕鈴。」


この声は……!!
まさか……。


夕鈴が慌てて振り向くと幼馴染である几商店跡取り息子の几鍔と子分が立っていた。


「げっ!!几鍔ッッ!!!」
「げっ……てなんだよ。随分ご丁寧な挨拶だなぁ。」


……なんで几鍔がここにッ!?


先日、夕鈴は李翔と出掛ける事を几鍔に言い損なってから、まぁいいかと今日までその事を黙っていた。


だから、この状況は非常に……


マズい……。

李翔さんと一緒に来たのがバレたら絶対バカにされて何言われるか分かったもんじゃないわ!!!
李翔さんが戻って来る前に2人に何処かへ行って貰わないと……!!


「で、なんだってこんなトコまで一人で遠出して来たんだ?危ねえじゃねえか。
最近はマシになったとはいえ、まだ例の事件も解決してねえし…何があるか分かんねぇんだぞ!?
ったくお前は考えがねえんだから。」

「何よ!!別に一人でなんて来てないわよっ!!」

しまった!……思わず……!!

「どう見たって一人じゃねぇか!」
几鍔だけでなく几鍔の子分にまで笑われてしまった。

「一緒に来た人は今……違う店に行ってて。ここで待ってる所なの!
私の事は大丈夫だから放っておいてよッ!!」
「誤魔化すなって。皿の買い付けにでも来たんだろ?
近頃治安が良くなって来たからって、あんま一人で行動するな。」

危ねえんだからなとキツめに助言する几鍔に、つい突っかかるように顔を近付け睨み付けた。
「分かってるわよッ!!」

しかし几鍔には全く効果がない……。
薄目で睨み返されるだけだ。

「…そんじゃ、一緒に帰るぞ。」
「へ??」
「俺たちはまだ仕事があるから。」
「な?!私はまだ……!」
「終わるまでここで大人しく待ってろよ?」
そう言うと几鍔は夕鈴の頭をポンポンと軽く叩いた。

……もう几鍔の中で一緒に帰る事は決定事項らしい。
だが……夕鈴も李翔を置いて帰る訳には行かない。

「ちょ……勝手に決めないでよ几鍔!!」

その場を離れようとする几鍔の腕を掴もうとしたその瞬間。


「夕鈴?」


真後ろで夕鈴を呼ぶ声が…。



その声に3人が一斉に振り向く。




李翔さん…………!!!




少し不安げな表情の李翔が、ゆっくりと夕鈴に近付いて来た。


そして…突然現れた長身の優男を訝し気に見ていた几鍔と子分だったが、李翔の顔をまじまじと見た几鍔の子分が叫んだ。

「ああーーーッ!!!こ…此奴です兄貴!!!
此奴があの例の男ですよ!!!」

「……なにぃ?此奴が…。」


そんな二人を気にすることなく、固まっている夕鈴に微笑みかける李翔。
「……待たせたみたいでごめんね!…大丈夫?」

その言葉に、サッと背筋が冷えた気がした。


大丈夫……じゃないッ!!!


「待たせた……って、……夕鈴お前まさか此奴と来たのか!?
お前…アレだけ忠告してやったのにホイホイとッッ!!」


蔑んでいるような目で睨まれる夕鈴。

几鍔の言葉がグサグサと体中に突き刺さるような気がした。


│posted at 10:34:55│ コメント 14件
≫コメント 
お休みの日にお饅頭の続きぃ~(*≧∇≦)ノワーイ♪
これから心配性な兄貴に腹黒子犬の対決ですな。:+((*´艸`))+:。タマラナイナ~
これは全て夕鈴が可愛いのがいけないんですよ((o(^∇^)o))
りこ│URL│posted at 2016-03-28(Mon)12:21│編集
覗きに来たら更新されてました*\(^o^)/*

休憩の間に急いで読みました(*^^*)

たつほん│URL│posted at 2016-03-28(Mon)12:40│編集
コメントありがとうございます✨
ゆっくり休めてらっしゃいますか?(*´ω`)
おかげさまで、気を取り直して改めて書くことが出来ました!
次回はちゃんとした対決です(*´▽`*)
原作みたいに進むといいな・・・♡

りこさんが陛下みたいになってるww。
えぐち│URL│posted at 2016-03-28(Mon)14:13│編集
たつぼん様
コメントありがとうございます!
貴重な休憩時間を使って頂きまして・・・!!

作業できない時間に書き書きしておりました(*´▽`*)。
春休み中にもう一話書けそうな気がします!
えぐち│URL│posted at 2016-03-28(Mon)14:21│編集
続き〜(#^.^#)
もうスグって文面があったので、今日は朝から復習の旅でした!
って!
アップされてるしぃ〜(*^^*)
嬉し過ぎです!
兄貴には見つかったけど、これがなきゃね‼︎

対決かぁ♡美味しいなぁ♡ポンポンだしなぁ♡
タイフーンです(≧∇≦)│URL│posted at 2016-03-28(Mon)17:07│編集
覗きに来たらお饅頭屋さんがアップされててとっても嬉しかったです(≧∀≦)
兄貴VS陛下の構図大好きなんですよね♪
続きも楽しみにしています(^▽^)
yawayawaほっぺ│URL│posted at 2016-03-28(Mon)20:52│編集
お子さん達が出かけた後、お絵描きだけじゃなくて饅頭屋さんも更新して下さってるとは!感無量で涙と鼻水が止まりません←それは花粉
いや、でもほんと更新が嬉しいです*\(^o^)/*
几鍔の登場までは予想通りだったけど、この後はどうなる?
続きがまたもや気になりますー
まるねこ│URL│posted at 2016-03-28(Mon)22:53│編集
わーい!
饅頭屋さんがupされているヽ(*´v`*)ノ
陛下vs几鍔がどのようになるのか今からワクワクです。
続きが楽しみです♪
かざね│URL│posted at 2016-03-28(Mon)23:41│編集
コメントありがとうございます✨
読み返して貰えて嬉しイです!!

> 兄貴には見つかったけど、これがなきゃね‼︎
> 対決かぁ♡美味しいなぁ♡ポンポンだしなぁ♡

うんうん、これがないと!!♡
ポンポンしっかり見られております。李翔さんには衝撃だったはず。
ポンポンってされても恥ずかしがらない夕鈴が・・・。w
えぐち│URL│posted at 2016-03-29(Tue)00:29│編集
コメントありがとうございます✨

> 兄貴VS陛下の構図大好きなんですよね♪

私も大好物です!!(≧▽≦)
心配性兄貴には大いに頑張ってもらいたいと思ってますw。
またちまちま書いて行きますので~~!!
えぐち│URL│posted at 2016-03-29(Tue)00:34│編集
コメントありがとうございます✨
私も小犬の黎翔さん更新嬉しかったです!!
え?花粉症!?(゚д゚)!

兄貴とは原作と同じような感じになっていって貰いたいと思ってます。
ただ、この李翔さんはまだ夕鈴の事をよく知らないので、そんなに余裕がないかもです~!!

えぐち│URL│posted at 2016-03-29(Tue)00:40│編集
コメントありがとうございます✨

ああ、かざね様いらっしゃいまし!!!
子供が家にいて作業が出来ないので、代わりに饅頭屋書いてました。

兄貴には夕鈴にちょっかい出してる見知らぬ男に全力でけん制してもらいたいと思ってますw。
次回もよろしくお願い致します~~!!!
えぐち│URL│posted at 2016-03-29(Tue)00:44│編集
こんばんは~
今までこっそりでしたが
今度は堂々と。
わーい。続きだ~。
そしていよいよ兄貴と李翔さんの対決?
楽しみです~( *´艸`)
けい│URL│posted at 2016-03-29(Tue)01:50│編集
けい様

こんにちは〜!!コメントありがとうございます✨

> 今度は堂々と。

(((o(*゚▽゚*)o)))!!

次回、いよいよ対決でございます!!
少し動揺している李翔さんと、全力兄貴を待ってて下さい〜(#^.^#)!!
えぐち│URL│posted at 2016-03-29(Tue)11:46│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数