2016.04.05(火)

小犬陛下と饅頭屋 7-4

こんばんわ。

花展も子供の発表会も終わり、春休みボケ中の江口です。
子供が日中家にいるからか、体調が悪いです・・・(;´Д`)。
もっとダラダラしたい☆←ダメ人間

依頼品の方は、ようやく終わりが見えて参りました。
メインはあと少し!

そして饅頭屋、子供の発表会のリハーサルの合間にちまちま書いてましたw。
短いですが、出来た分だけUPしときます。
今後変更するかもです~。
よろしくお願い致します!!


【パラレル】【もしも夕鈴が臨時妃の話を断ったら】【オリキャラ注意】



ーーーーーーーーーー
「そ……そんな…!!別に軽い気持ちで一緒に来たりしてないわよ!!!」
「じゃあどんな理由で来たんだよ!」


言い合いになる几鍔と夕鈴。
子分はじろじろと李翔を睨み付け、そして李翔は大人しく様子を見ている。


「ちょっと頼まれ事を引き受けて…それで、よッ!!」
「頼まれ事だぁ……!!?
……それがホイホイっつーんだよッ!!!」


うう…バッサリと斬られたような気分。


しかし、夕鈴もここでホイホイ付いて来たのだと認める訳には行かない。

「ち、違うってば!」
「お前……少し位警戒心ねぇのかよッ!」
「もう!李翔さんにも失礼よ、そんな風に言うなんて……!!」

ぎゃんぎゃん言い合う2人だが、息もぴったりなその様子はまるで長く連れ添った夫婦喧嘩のよう。


「……仲良しだねぇ…。」
ポツリと呟いた李翔の一言に2人が同時に振り向く。

「……はぁ??」
「ちっとも仲良しじゃないです!!」

…まるで捨てられた小犬のような眼差しで夕鈴と几鍔の様子を伺う李翔。
「2人は……恋人なの?」

「なぁッッ!?違います!!」
「はあー!?ちげぇよッ!!誰がこんな女と!!!」
2人共、凄い剣幕で勢いよく李翔の言葉を否定する。
それを見て、子分は『兄貴そこ曖昧にしときゃ良いのに…』と心の中で呟いた。

「ごめん、てっきり恋人かなって。じゃあ、そっちの彼?」
「なんでそうなるんですか!!私・・・こ、恋人なんていませんッ!!!」

真っ赤な顔で恥ずかしそうにする夕鈴を見て、李翔はそれは嬉しそうに微笑んだ。
「あ、そうなの?♡」
何故か犬のような尻尾がブンブンと振れている幻が見える。
そんな李翔に、几鍔は顔を顰めた。


この喜び様。
コイツ……夕鈴の事思いっきり狙ってんじゃねぇか!!!


「金貸し息子やその子分となんてっ!冗談じゃないですっ!!」
ぷりぷり素で怒っている様子を見るに、夕鈴は李翔の気持ちに気が付いてはいない様だ。

ギッと李翔を睨み付ける几鍔。


暫くにこにこしていた李翔だが。

夕鈴が視線を外した一瞬の間に、几鍔にニヤリと笑いかけた。


│posted at 22:30:02│ コメント 6件
≫コメント 
饅頭屋更新されてた(*゚▽゚)ノ

1拍手と1コメゲットー!
たつぼん│URL│posted at 2016-04-05(Tue)23:40│編集
たつぼん様

早いww(゚∀゚)
いつもありがとうございます✨
えぐち│URL│posted at 2016-04-05(Tue)23:44│編集
わ~い\(^∀^)/
お饅頭屋さんの続きアップ嬉しいです♪
続きも楽しみに待ってます♡
yawayawaほっぺ│URL│posted at 2016-04-06(Wed)05:45│編集
わーい、饅頭屋だぁ*\(^o^)/*
そして小犬のふりした狼が…( ̄▽ ̄)
続きも楽しみ楽しみ♪
まるねこ│URL│posted at 2016-04-06(Wed)19:21│編集
yawayawaほっぺ様

コメントありがとうございます✨
隙間時間にスマホでちまちま書き溜めてました〜。
続きは気長に待ってて下さいな♪( ´▽`)
えぐち│URL│posted at 2016-04-06(Wed)22:25│編集
まるねこ様

コメントありがとうございます✨
ごめんね寝落ちしてました( ;´Д`)。
小犬な狼さん、ちょっと余裕がないので挑戦的です。w
続き待ってて下さいませ〜♫
えぐち│URL│posted at 2016-04-07(Thu)06:47│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数