2015.11.12(木)

李順の謀

【臨時妃】【黎翔×夕鈴】


「失礼致します。李順様、…よろしいでしょうか。」

扉の向こうで若い女官の声がする。

黎翔は手にしていた書簡から眼を離し、扉の方に顔を向けた。
この部屋の主である李順は、先ほど黎翔に請われ必要な資料を取りに出た所だ。
直ぐに戻るだろう…と声を掛けようかと思ったが、女官が李順を訪ねてくるというのがふと気になって、自らそっと扉を開いた。

伏目がちに静々と入って来た女官は、顔を上げて眼の前に黎翔が居たことに驚く。
「こ、これは陛下…。」
女官として直ぐに礼をとるが、少したじろいだその様子に違和感を感じた。

ーー何か、自分が居ては不味い事でもあるのか?

「李順に用か。ならば私が伝えておこう、どんな用事だ?」
少し間を置いて女官が答える。

「ーいいえ、陛下。
急ぎの用では御座いませぬ故、また後で参ります。」

それを聞いた黎翔は、礼をとったまま後ろへ下がろうとした女官の腕を、引き戻す様に掴み上げた。

「へ…陛下!?」

「まぁ待て。」

冷たい狼陛下の声。

びくりと身体を震わせたのが、掴んでいる腕から伝わる。
一瞬だが、女官の眼が宙を彷徨った。
黎翔の中で疑問が確信へと変わっていく。
細腕を掴む掌の力を強める。

ーー私に隠し事とは…。

「何だ、私に言えぬ用事か?」

「いえ…その…、必ず…李順様に…と…言われて…。」
徐々に女官の顔が歪んで行き、今にも泣き出さんばかりだ。

それでも。

追い討ちの様に、冷酷な狼が牙を剥いて見せる。

「…言え。」



女官は、

耐え切れず、震える声で…。



「お…お妃様…が、……」

│posted at 14:32:26│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
プロフィール

えぐち

Author:えぐち
江口(。-_-。)と申します。
場合によって、漢字のみだったりひらがなだったり。
どうぞよろしくお願い致します。

当ブログは、原作・原作者様・出版社様とは一切関係がありません。
初めましての方は、『はじめに』をご覧下さい。

 
訪問者数